くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

2012/09

大間越街道は江戸時代に整備され、羽州街道の檜山の手前にある金光寺追分から能代、八森を経て弘前に向かう街道。 能代は米代川の舟運と日本海の北前船が寄航する港町で、多くの物資が集まることで重要視され、番所なども置かれていました。 羽州街道が整備される江戸時 ...

色々あるんですねぇ… wikipediaより転載… 「東大宣寺は、青森県弘前市に所在する日蓮正宗の寺院であるが、正信会の僧侶が占有・居住している。山号は法永山。 1958年(昭和33年)9月14日建立される。開基は日蓮正宗大石寺第65世法主日淳上人。 1982年(昭和57年)4月5 ...

御祭神は誉田別命。由緒不詳。 社伝に依りますと創建は人皇30代敏達天皇の御代まで遡りますが伝説の域を出ません。別当は国上寺埠頭蓮性院でした。明治初年の神仏分離により移転。 津軽郡が大津波のため入海となった際、入水を祓退けたことにより不浪寄八幡宮と称されるよ ...

寺伝によりますと、国上寺は推古天皇の18年(610)、国家北門鎮護のため、聖徳太子の命を受け秦川勝公が阿闍羅山上に伽藍を造営し、智者大師附弟圓智上人不動明王、両童子を刻して安置して開基し阿閣羅山不動院と号したのに始まります。 建長6年(1154)、北条時頼公が本尊 ...

大清水、門外方面から県道128号線を進み川を渡ります。 川を渡ったところに百万遍があり、更に進むと左手に保食大神とそばの矢車があり、丁字路を左折してアジアンカフェの向かいに金峯神社があります。 貞享4年検地水帳によりますと村中抱えの八幡社地と座王堂地がありま ...

津軽弘法大師霊場第14番札所。 門に小さな仁王像がいます。仁王門なんですね。 これは何でしょう? 板柳町誌によれば石野村にははじめ法隆院とあり、寛政年間頃に蓮覚院に改称、文化・文政年間に寿円山蓮正院に改称しており、弘前の大行院の支配であったと伝えられていま ...

創建時期は不明。 今から約350年程前の津軽知行高之帳によれば、平賀郡の中に坂元という村名があり、そこの氏神様として久渡寺の北の日寄山に創立され、その後、現在地に移建したと伝えられています。 江戸時代には、当時津軽藩の領内で流行した疫病の沈静を願い ...

御祭神は保食神、倉稲魂神、白龍大神。旧村社。 近くのバス亭には「小沢神社前」とありました。 創立年月日不詳。 狛犬。 境内には様々な石碑や庚申塔があります。 拝殿正面に案内板がありました。 「創立年月日不詳なれども、旧藩時代は馬頭観音堂と称へ明治4年 ...

かつてこの付近は見渡す限り田畑の地。 高崎村は和徳村から日沼村・猿賀村を経て黒石へと行く黒石街道沿いにて発達し、現在はさくら野を中心とした皆様もご存知の発展ぶりです。 貞享4年検地水帳によれば、清太夫抱えの薬師堂他があり、これが現在の城東北3丁目の淡島神社 ...

2011年8月に異常渇水した十和田湖に洞窟が現れて、その中にはキリスト像そっくりの岩が現れたといいます。 新聞にも取り上げられていました。この辺り一帯を神代ヶ浦と呼ぶそうです。また十和田湖という字は「十」が十字架、「和」は「+(十字架)」、田は十字架を囲った ...

今回はパワースポットと言われる十和田神社占場を紹介します。 女坂を上りきれば十和田神社の拝殿横に出ます。 占場へは上りきらずに十和田神社の女坂の途中で右折。 案内板があります。十和田神社の右奥、岩山を登った台地(神泉苑)は南祖坊が入定し青龍大権現 ...

下土手町と中土手町を繋ぐ蓬莱橋。 重厚な造りです。橋からは最勝院五重塔も見えます。 蓬莱堂壁面に何やらレトロな看板も見えます(笑)※2012年9月取り壊されました。 かつては通称で土手町大橋(又は土手の大橋)と呼ばれていました。蓬莱橋になったのは1750年頃らしい ...

十和田湖畔にあります。 御祭神は日本武尊。 しばらく気持ちのいい林道を歩きます。 十和田神社本殿へは男坂と女坂のルートに別れます。 男坂を上ってみます。 一般に急な坂の方を男坂、緩やかで長い坂を女坂としています。 十和田神社は女坂の方が ...

創建不詳(1686年にはあったと思われます)。 御道書明細に長利薩摩が社司をつとめる八幡宮とあり、祭神は誉田別命。 津軽藩士片山玄南作と言われる鬼コがありましたが昭和26年の大火で焼失。 現在の鬼は大正8年に地元の石工が奉納したもの。 鬼コに関する説明版 ...

村境や路傍の地蔵堂に多くの地蔵様がいます。 西北五地方ではよく見る光景。特に稲垣村に多いらしいです。 亡き幼子や未婚のまま亡くなった若者の供養のため、地蔵堂・墓地・賽の河原に石や木の小さな地蔵を奉納すると言います。 平成6年(1994)には「津軽の地蔵講の ...

明治29年に陸軍第八師団設置決定により北川端町から遊郭を移転させることになりました。 県令で「北横町及び同町字野田と田茂木町字山王」へ移転場所を決定。 和徳尋常小学校(明治7年創立)は遊郭移転問題が起きたために明治31年に代官町へ新築移転されました。その跡地は ...

ライオン海道沿いにライオン岩公園があります。 海水の親水池やグランドがあり、地元の少年たちがサッカーの試合をして賑わっていました。 その敷地内に徐福像があります。 約2200年前秦の始皇帝の命を受け、不老不死の薬草を求めて権現崎に漂着したとされる徐福伝説に ...

板柳町文化財指定第一号史跡です。それだけ貴重な文化遺産です。 あの奥に家も僅かに見えるのですが北畠氏の子孫が現在も在住しており、非公開&立入禁止です。 館野越の居城は永禄元年(1558)、浪岡御所9代具運卿の弟・顕範が御所の西の守りとして築いたもの。 天正6 ...

今週十和田湖から69年ぶりに旧日本陸軍の訓練用飛行機「一式双発高等練習機」が引き揚げられましたね。 旧日本軍機は青森県立三沢航空科学館に展示されるそうですが、何らかの形でいずれは十和田湖周辺に展示されれば臨場感があって面白いのに。 そんな話題の十和 ...

本尊は釈迦牟尼佛、脇侍、文殊菩薩、普賢菩薩。 本寺は隣松寺で末寺に吉祥寺、直指院、少林寺、智園寺。 藤原氏の支流桜庭太郎左衛門信正が奥州南部から来て為則公の幕下に属し、目屋桜庭村を領しました。 一宇を賜り、信正と号し、侍十二騎、小知行の者30人をつけられ、 ...

高野山真言宗。本尊は大日如来。法光院は昭和32年5月、北山公章師により弘前市萱町に開山。 52年5月には城東中央四丁目に新四国八十八カ所弘前霊場も開山して、世界平和・交通安全祈願のため、身の丈23尺(約7m)の修行大師(厄除大師)銅像を建立。 88体あります。 住 ...

↑このページのトップヘ