1
秋田県秋田市千秋公園。千秋公園内久保田城の本丸跡地に鎮座。
2
八幡秋田神社標柱。後ろに見えるのは殉職消防組員招魂碑。標柱より…『秋田神社は、明治11年(1878)秋田初代藩主佐竹義宣を祀るため、広小路に創建され、同32年に旧城本丸の現在地に移された。九代義和(よしまさ)・十二代義堯を合祀する。同40年、佐竹氏の氏神八幡神社(明治5年大八幡・正八幡宮を合祀)を合祀して、八幡秋田神社と改称して内町の鎮守となった。社殿は、文政年間(1818-29)に造営された佐竹氏の氏神大八幡宮を移築したものである。』
3
八幡秋田神社標柱。
4
木内柳陀句碑(昭和28年8月12日)。柳陀は本名隆一。秋田市木内百貨店社長で、句会「北斗会」の七星として活躍。碑、台石とも安山岩。
5
「霞はるれば山が常の如くで」
6
磯崎夏樹俳句碑(昭和62年9月吉日、新雪俳句会主宰熊谷詩城建立、石川秀吉刻)。「みちのくの明日なき晴れや落葉風」。
7
澁江政光君三百年祭記念碑(大正2年11月26日)。渋江内膳政光は、初代藩主佐竹義宣とともに秋田に来た第一家老。農業秋田の基礎を築いた人物であり、作柄の不安定地でも農民が生活に困らないよう面積を配慮した「渋江田法」で知られています。大坂冬の陣「今福の戦い」で藩主をかばい、流れ矢にあたって死んだことから子孫は永代家老となりました。
8
殉難警察官之碑(明治43年5月、警察協会秋田支部)。
9
手前の殉難警察職員顕彰碑に36人の名(明治12年-平成14年)を刻みます。
10
鳥居。
11
案内板より…『八幡秋田神社は、初代藩主佐竹義宣公始め、歴代の藩主を祀る、秋田県の有形重要文化財でありましたが、平成17年1月9日の放火により社殿を焼失しました。以来、皆々様のお力を戴きまして、平成20年12月に竣工することができました。これも偏に皆様の御陰様と心より感謝をし、厚く御礼を申し上げます。又、社殿の再建は成りましたが、皆様より尚一層のご理解、力強いご支援、ご協力を賜ります様、切にお願い申し上げます。平成21年10月吉日八幡秋田神社』
12
手水舎。
13
参道。
14
灯篭二対(昭和62年10月吉日山影實、昭和58年6月吉日秋元又五郎)。
15
15.2
15.4
15.8
雄柳龍神。
16
御祭神は雄柳大龍王尊。
17
社殿内。
18
かつて広小路の城濠(穴門)の角に蛇柳という柳の名木あり、久保田城築城の際に、築城師が差し込んだ杖が柳になったとか、築城に際して人柱を立て、その供養のために柳を植樹したなど様々な言い伝えを残していました。その蛇柳の根元には濠の主と伝える大蛇を祀る小祠がありました。
19
終戦後に濠の端の埋立地に創建された古川堀端町通りの雄柳大龍王尊神社に遷されましたが、雄柳大龍王尊神社が維持困難となり、平成19年に八幡秋田神社に遷されました。
20
雄柳大龍王尊(和24年5月3日奉納)の扁額。
21
八幡秋田神社の御祭神は、品陀別命、息長帯姫命、比売神。相殿として、倉稲魂命、猿田彦命、大宮売命、武甕槌命、佐竹義宣・義和・義尭朝臣を祀ります。例祭日は6月5日。特殊神事として竿灯祭と養老式があります。社殿内には文政6年の竜の絵馬の他、明治17年から大正3年までの絵馬等があります。
22
神社庁より(由緒)…『元の秋田国主中祖佐竹義昌朝臣常陸国に居住中、山城国石清水八幡宮を太田城内に勧請し、同宮社殿下の砂石を以て神実とす。又、同義人朝臣永享3年相模国鶴ヶ岡八幡宮を勧請し「今現存せる尊影は即ち之なりと伝う」又山城国稲荷神社及び常陸国鹿島神社の大神を勧請奉斎したのを慶長7年9月同義宣朝臣秋田遷封の際、当地に移転し、累代秋田城内に三社を建立して奉祀崇敬す。明治5年右各社を合祀して八幡神社と称す。明治11年秋田城跡より秋田市東根小屋町(現中通2丁目)に移転、之より先11月10月23日旧秋田藩内臣民協同醵金して同境内に秋田神社を創建し、佐竹義宣朝臣を祀る。その後、義尭公、義和公を祀る。明治32年5月現在地に移転し、同40年12月前記八幡神社と合併して八幡秋田神社と改称した。平成17年1月、放火に遭い社殿を焼失し、現在、再建をすすめている。』
23
社殿裏へ。
24
本殿。
25
関連記事
26
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ