イメージ 2
三戸郡階上町角柄折蕨。かつての角柄折村。地内の北東付近には往年ほろどの沼があり、伝説では大蛇が住んで村民をおびやかしたため討ちとられたといいます。大蛇は当地で角を折られ、耳ヶ吠で耳を切り落とされ、道仏で胴を切られたと伝え、大蛇を追って追って追い越したところが追越、胴の落ちていたところが大蛇という地名になったといいます。また、沼の主はサケであったともいい、討ちとられると沼の水は赤く染まり、7筋に分かれて川となったり、海や近くの川に流れこんだといいます。
イメージ 3
地蔵菩薩等。
イメージ 4
天明(4年4月1日)飢饉供養の塔。「天明飢饉 圓光禅定門 惣百姓無縁 塔」「献句 菩提寺に飢饉の墓碑や栗の花 幻人」(平成19年8月24日建立)
イメージ 5
石灯籠。
イメージ 6
仁王門。
イメージ 7
仁王像。
イメージ 8
イメージ 9
南無釋迦牟尼佛(當寺再興50周年本堂銅板葺替庫裡廣間改築記念・維持平成12年4月8日)。
イメージ 10
南無地蔵大菩薩(法興院浄信豊道禅居士為俗名豊藏17回忌・平成15年12月19日)。
イメージ 11
イメージ 12
曹洞宗海潮山応物寺。
イメージ 1
神亀元年(724)に行基が寺下に應物寺(寺下観音)を創建。
イメージ 13
明治の神仏分離令により寺下観音潮山神社に分けられました。昭和29年再興。
イメージ 14
境内では国指定重要無形民俗文化財となっている鳥屋部えんぶり組の奉納えんぶりが行われます。
イメージ 15
唐破風懸魚。
イメージ 16
蟇股・木鼻等。
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
手鋏と虹梁がかっこいいです。
イメージ 20
イメージ 21
手水石「杓底一残水汲流千億人」。
イメージ 22
寺務所。
イメージ 23
六地蔵。
イメージ 24
鐘楼。
イメージ 25
十三重塔。
イメージ 26
「迎火や祈る童女のほゝ照らす」(初代護持会長百谷庵古雪)。
イメージ 27
赤松。
イメージ 28
花月塔。「新緑や文化遺跡の一里塚」
イメージ 29
『正六位勲五等 正部家 誠 行年76才 法名正誠院百星寶臺居士 明治29年5月27日階上村に出生大正6年3月青森師範学校を卒業爾来教育界に籍を置くこと36年昭和28年3月八戸小学校長を最後に教職を去る。その後は専ら社会教育活動に尽瘁し郷土階上村出身の八戸在住者をもって臥牛会を結成し推されて会長となり会の育成強化に努めまた昭和33年百働会八戸支部を創設しその支部長となり昭和47年7月6日故人となるまで高令者の杖となり老人福祉向上のために働くことに誇りをもち且つ喜びともされました他面若い頃より俳句を嗜み吉光と号し名門花月堂十世を継ぐに至った。一周忌にあたりその生前を偲び供養のためこれを建てる。 昭和48年7月6日』
イメージ 30
イメージ 3
イメージ 2