イメージ 2
東京都府中市本町2-12。最寄りの駅は府中本町駅。私は大國魂神社から西(府中本町駅方面)へと向かいました。坪宮(大國魂神社境外摂社)までは上記写真(鳥居)から道なりに歩いて行くと、右手に下河原緑道(旧国鉄下河原線)があります…
イメージ 3
が!その少し手前の小路です。下河原緑道に並行している道沿いになります。下河原緑道沿いかと思ったので一瞬迷いました。
イメージ 4
御祭神は兄多気比命(武蔵国初代国造)。例祭日は2月15日。
イメージ 1
鳥居扁額「坪宮社」。
イメージ 5
出雲臣天穂日命の後兄多気比命が武蔵国造に任ぜられ、以来代々の国造が当社に奉仕せられ、その国造の霊を祀りました。
イメージ 6
5月5日の例大祭にて御旅所への神輿渡御の際に、大國魂神社より奉幣を献ずる式は現在でも行われており、これを国造代奉幣式と称します。
イメージ 7
社殿扁額「大國魂神社攝社坪宮」。
イメージ 8
石灯篭一対(大正11年5月吉日)。
イメージ 9
イメージ 10
境内には武蔵府中郷土かるたの1番「い」…『いちばんはじめに武蔵の国府』がありました。
イメージ 11
さて、お腹がすいたので、大國魂神社の西にある府中砂場へ向かいます。ちなみに府中砂場の裏手付近に古峯御嶽神社(六所口広場内・本町地名由来碑奥)が鎮座しています。小さな社ですが参拝したい方はお見逃しなく。
イメージ 12
イメージ 3
イメージ 2