イメージ 3
旧篠原家住宅は、栃木県宇都宮市今泉にある歴史的建造物。※内部写真ありません。
イメージ 4
土蔵造の主屋(店舗兼住宅)と新蔵は江戸時代以来の豪商であった篠原家が明治28年に建てたもので、「旧篠原家住宅」の名称で建造物部門の重要文化財に指定されています。篠原家は江戸時代末期より醤油醸造業を営み、明治期に入ると肥料業を、また太平洋戦争後には倉庫業などを営んだ宇都宮有数の豪商でした。
イメージ 5
平成7年11月27日に宇都宮市の文化財に指定され、平成8年2月26日宇都宮に寄贈されました。復元・改修工事を経て、平成9年3月1日から一般公開。平成12年5月25日に主屋と新蔵(附南北石堀)が国の重要文化財に指定されています。黒漆喰や大谷石を用いた外壁、商家らしい店先の格子などとともに、1・2階合せて100坪という規模の大きさが堂々たる風格を形づくり、JR宇都宮駅周辺の歴史的シンボルとなっています。また、旧篠原家住宅前の上河原通りでは、毎年1月11日に「初市」が開催されます。
イメージ 6
●主屋(重要文化財)…建築面積:172.2㎡。建築形式:土蔵造2階建、切妻造平入、桟瓦葺。建築時期:明治28年(部材墨書による)。外壁を黒漆喰塗りとし1階外部は両側面を大谷石貼りにするというこの地方独特のもの。
●新蔵(重要文化財)…建築面積:19.9㎡。建築形式:土蔵造2階建、切妻造、桟瓦葺。建築時期:明治28年(部材墨書による)。外壁を黒漆喰塗り1階外部を大谷石貼り。
●文庫蔵…建築形式:土蔵造2階建。建築時期:嘉永4年。平成14から15年にかけて解体修理が行われています。生活用具、衣類、書画・骨董などの美術品、古書などを保管していたそうです。
●石蔵…建築形式:土蔵造2階建。建築時期:文庫蔵と同時期と推定。醤油醸造に使用した道具等を保管していたといいます。
イメージ 7
●沿革
嘉永4年11月:文庫倉、石倉建立。
明治28年:主屋、新蔵建立。
平成7年11月27日:宇都宮市より市指定文化財に指定(建造物4棟)。
平成8年2月26日:宇都宮市に寄贈。
平成9年3月1日:「旧篠原家住宅」として一般公開。
平成12年5月25日:主屋と新蔵の2棟が国の重要文化財に指定(南北石塀が附指定)。
平成19年:旧篠原家住宅保存会10周年記念イベント(さつき人形展示、ふるさと民話、バイオリン演奏会など)開催。
平成30年5月:日本遺産認定(防火と美観、大谷石張りの土蔵)。
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
旧篠原家住宅(宇都宮市指定有形文化財)…『篠原家は奥州街道口の豪商で、江戸時代から第二次世界大戦までは醤油醸造業・肥料商を営んでいた。明治28年(1895)に建てられたこの店蔵は、店舗と住居部分を一体化した蔵造りになっている。市内の店蔵の中で、改造がほとんどされておらず、かつ、石蔵を伴って残されているものは数少ない。住宅の一階部分の両側には、厚さ約8㎝の大谷石が貼ってあり、この店蔵の特色になっている。帳場の奥に約45㎝角のケヤキの大黒柱がある。これは二階の大広間(20畳敷き)の床柱を兼ね、さらに棟木まで延びており、建築的に大変珍しいものである。全体的には装飾性は少ないが、よい材料を贅沢に使っており、美しく豪華に造られている。なお石蔵3棟のうち最も古いものは、嘉永4年(1851)に建てられたものである。』
イメージ 11
明治30年の篠原家母屋。
イメージ 1
母屋内部(帳場)。
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 2