イメージ 2
イメージ 3
第3回階上町三陸復興国立公園指定記念俳句大会一般の部特選…『臥牛峰や赤を満たして山躑躅』階上町上野瑞子。
イメージ 4
鳥居をくぐって残り200mの階段。
イメージ 5
出た!ストック!!
イメージ 6
山道にストックがある場合、これから先は勾配がきつくなることを意味します。
イメージ 7
確かにここまでの山道よりはきつかったですね。
イメージ 8
途中にあった石碑。読み取れませんでした。
イメージ 9
先が見えませんね。アサヒスーパードライのせいで喉がドライになってきました。
イメージ 10
参道両脇にやたらと巨石があります。
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
面白い木もあったり。
イメージ 14
自然を楽しみながら進みます。
イメージ 15
上に行くにつれて更に巨石が増えてきます。
イメージ 16
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
鳥居が見えて…
イメージ 20
到着!!余裕でした(※個人差注意)。
イメージ 21
狛犬一対が出迎えてくれました。
イメージ 22
イメージ 23
灯明堂跡は観音堂の西方、標高約250mの山中に位置。小舟渡岬付近で遭難する船が多かったため、航海の安全を図るべく、享保15年に津要法師によって建立されました。当時この灯明堂の油料(5貫文)が藩より支給されていることが八戸藩資料から確認されており、当時から藩の重要施設として位置付けられていたと考えられます。
イメージ 24
また、御用人所日記(上杉家文書)の享保15年5月12日条に「寺下山御疱痘立願ニ灯明堂寺下山ニ建立仕候」とあり、八戸藩四代藩主南部広信の疱痘(瘡)治癒祈願のためにも建立したとわかります。
イメージ 25
イメージ 26
灯明堂前に五重の塔の遺構である青銅製相輪が残されており、灯明堂内(向って右の建物)には塔の本尊である石造五智如来坐像を残しています。
イメージ 27
イメージ 28
イメージ 29
灯明堂内。
イメージ 30
石造五智如来坐像。
イメージ 31
その奥にある石像3体。
イメージ 32
手前にも2体。
イメージ 33
イメージ 34
こちらには昭和12年の紀年銘が見えました。
イメージ 35
更にその後ろに道祖神の札が貼られた金精様がありました。
イメージ 36
注連縄の巻き方が少しいやらしく見えてしまいました。
イメージ 37
隣の堂内に恵比須様と大黒様。
イメージ 38
後ろの掛け軸に薬師如来・日光菩薩・月光菩薩。
イメージ 39
それから今気づきましたが、面白い切り絵もありますね。
イメージ 40
五重の塔の遺構である青銅製相輪。
イメージ 41
イメージ 42
高さは7尺3寸。
イメージ 43
イメージ 44
イメージ 45
史跡燈明堂跡標柱…『享保15年(1734)、津要玄梁和尚が、八戸浦の諸国廻船の海上運航の安全を祈願して燈明堂を建立した跡地である。ここは、北は八戸港湾から南は小舟渡の海岸一帯が眺望できる所で、海岸まで4kmぐらいの距離にあり、燈明堂の灯はよく見えたと言われている。八戸藩主より常燈明料として毎年銭五貫文が別当野沢村彦六に給されていた。』
イメージ 46
手水石かな。
イメージ 47
こちらは不明。ノジュールかな?
イメージ 48
裏にも道がありました。行ってませんが。
イメージ 49
こちらの石仏には「禅参一通居士」「元文三戌午九月廿五日」と見えます。
イメージ 50
こちらは山の神でしょうね。
イメージ 51
庚申塔(昭和12年旧2月吉日)。
イメージ 52
ってことで、山を下って、再びお水で喉を潤します。以上、寺下観音シリーズでした。
イメージ 53
関連記事
イメージ 1
イメージ 3
イメージ 2