イメージ 1
2018年7月18日18時30分スタート。
イメージ 2
イメージ 3
津軽に夏の到来を告げる風物詩です。
イメージ 4
一夜限りのスペシャルなねぷたは、観る者に爽やかな青春を感じさせてくれます。
イメージ 5
だらだらと運行しないのもいいですね。若者ならではのスピード感があり、観ていて気持ちいいです。見守る親やメディアの方は大変かも。
イメージ 6
イメージ 7
まだ明るかったので、あえて写真は高校生らしく携帯撮影。
イメージ 8
イメージ 9
個人的に弘高ねぷたを観ると、津軽の短すぎる夏が始まったという気分になります。
イメージ 10
イメージ 11
そして津軽花火大会(藤崎町の花火大会・2018年8月20日)が終わると、津軽の夏が終わってしまった…という気分になります。
イメージ 12
イメージ 13
昔撮った弘高ねぷたの写真を、なぜか弘前下土手町商店街振興組合のポスターに採用させて頂いたのを思い出しました。見てみたら2010年でした笑
イメージ 14
イメージ 3
イメージ 2