イメージ 12
国道279号線沿い(はまなすライン)に鎮座していますが、私が訪れた時には以前あった一の鳥居が無くなっていて場所がわかりにくかったです。
イメージ 13
手水石。
イメージ 14
石灯篭一対のうちの1基を修理真っ最中でした。
イメージ 15
狛犬一対。
イメージ 16
イメージ 17
由緒等は調べていません。延宝4年の八幡神社別当大光院霞小村附によりますと、横浜・吹越・百目木・牛ノ沢・桧木・大豆田・鶏沢・有畑の8ヶ村があり、延享5年に濱田が加わって以降、横浜9ヶ村と呼ばれました。村民は製塩を行い、桧材・いりこの商品化により上方地方の商人と交易を行うものもあり、横浜湊は重要な湊でした。
イメージ 1
鶏沢の神楽は有名で、明治15年の八幡宮神輿行列帳に「鶏沢神楽若者連」として参加したことが記されています。
イメージ 2
海老虹梁・手挟。
イメージ 3
唐破風懸魚。
イメージ 4
蟇股。
イメージ 5
木鼻。
イメージ 6
イメージ 7
脇障子。いずれも素晴らしい造りでした。
イメージ 8
イメージ 9
社殿裏手に回ると壁にこのような穴があいていました。憶測ですが狐穴的な意味合いがあるのかも知れません。
イメージ 10
末社。
イメージ 11
イメージ 3
イメージ 2