イメージ 17
津軽中里駅。
イメージ 18
イメージ 19
駅の中へ。
イメージ 20
イメージ 21
アットホーム感があります。
イメージ 22
イメージ 23
イメージ 24
金多豆蔵(きんたまめじょ)人形劇場。
イメージ 15
「津軽伝統 金多豆蔵人形芝居」は青森県中泊町の無形民俗文化財に指定されています。
イメージ 14
イメージ 16
私は1度しか見たことありません。DVDも発売されてるよ。
イメージ 13
人形絵付け体験ができる日もあるみたい。
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
金多豆蔵のあゆみ…『金多豆蔵は、明治40年(1907)青森県つがる市(旧木造町)亀ヶ岡の野呂粕次郎(英昭)氏によって創始されました。当初「館岡人形芝居」として演じられた後、大正初期には名称が「金多豆蔵人形劇」と改められ、青森県内ほか東北・北海道各地を巡演し、次第に人気を呼ぶようになります。昭和11年(1935)には、五所川原市藻川出身の木村幸八氏が一座に加わるとともに、昭和16年(1941)野呂粕次郎氏の他界を機に二代目を襲名することになります。木村幸八氏の徴兵により、戦時中は公演休止を余儀なくされますが、昭和21年(1946)活動を再開、当時娯楽の少なかった農村ほかでは、一座の公演は引く手数多の状況で、「金多豆蔵」人気は最盛期を迎えます。しかしながら高度経済成長時代に入ると、娯楽の中心はしだいに映画やテレビに移行し、一座の公演活動は縮小の一途を辿り、昭和43年(1968)前後には完全に休止状態となりました。転機が訪れたのは昭和45年(1970)のことです。東京の人形劇団プークが企画した「シリーズ日本の人形劇・伝統と現代」に招かれた「金多豆蔵」は、都会の人々に好評をもって迎えられました。こうした反響に驚いた地元五所川原市は、木村幸八氏を文化会館の管理人として採用し、伝統芸能の保持を委ねるとともに、昭和47年(1972)には、「金多豆蔵」を市無形文化財に指定しました。(*平成19年(2007)保持者木村幸八氏の逝去にともない、指定解除となりました。)木村幸八氏が金多豆蔵一座で活躍していた頃、中泊町田茂木字若宮(通称「竹田開拓」)在住の実弟木村重成氏は、「勘太金兵一座」を旗揚げし、独自に公演活動を行っていました。やがて本業の農業が多忙となり、同一座の公演活動は休業状態となっていましたが、昭和56年(1981)から6年間、木村重成氏ならびに子息木村巌氏は、木村幸八氏主宰の「金多豆蔵一座」に加わり、その技芸を会得する機会に恵まれます。平成4年(1992)には木村厳氏が「勘太金兵一座人形一座」を復興、その技量は木村幸八氏に評価されるに及び、同6年(1994)には「金多豆蔵人形一座」三代目襲名を許されました。現在三代目木村巌氏は姉三上輝枝氏とともに津軽地域ほか県内外で精力的に公演活動を行っています。約一世紀にわたって相伝されてきた「金多豆蔵」は、演目構成ほか随所に津軽の風俗が取り入れられるなど、民俗芸能として稀少な存在である事が評価され、平成21年5月中泊町無形民俗文化財に指定されました。』
イメージ 9
金多豆蔵を演じる三代目木村巌氏。
イメージ 8
関連記事:『津軽中里駅の転車台
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 2