イメージ 5
一之鳥居の額束の紀年銘は昭和37年9月17日。境内は三日市館跡の一部。由緒は不明ですが、旧舘内に鎮座していることが関係しているのかもしれません。祭日は旧4月15日。
イメージ 6
御神木と巨大な藤の木。十和田市史によりますと「(前略)三日市の旧舘内にあるので脚下に水流の奔湍を見、頗る景勝の地を占めている。境内に巨大な藤の木があり、花の候は紫雲の停まるかと思わせるほどである。(後略)」とあります。
イメージ 7
イメージ 8
石碑なのかな…倒れています。
イメージ 9
社殿。護馬の神を祀ります。
イメージ 10
社殿内。
イメージ 11
イメージ 12
内陣正面には木製の狛犬も一対あり、とても丁寧祀っています。
イメージ 13
イメージ 14
馬頭観音(明治39年旧正月15日)。
イメージ 1
社殿内は四方八方絵馬だらけでした。
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 3
イメージ 2