イメージ 2
訪れたのはGW後半。見頃はまだまだ先のようで、3~5分咲きでした。
イメージ 1
開花状況は新聞を読んで分かっていたんですけど、近くを通ったので訪問してみました。
イメージ 3
うん…近くで見ると全然まだまだな感じ(笑)でも思っていたよりは咲いてたかな。
イメージ 4
イメージ 5
モコモコ感はありませんね。
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
チューリップはいい感じ。
イメージ 9
天気は良かったよ。
イメージ 10
天王神社。
イメージ 11
イメージ 12
久々に再会した狛犬(安政6年)さんにもご挨拶。
イメージ 13
イメージ 14
境内の八重桜は満開でした。
イメージ 15
そういえば花より団子ばかりで、今年は弘前城の桜の写真を1枚も撮っていませんでした(笑)
イメージ 16
つづじに囲まれた女坂を下ります。
イメージ 17
天王神社やつづじについては以前の記事を参照してください。
イメージ 18
天王神社とつつじ…『牛頭天王神社は応永初年(室町時代)に勧請され、600有余年、在所代々の信仰をあつめております。戦後、馬の画伯として有名だった上泉華陽(昭和54年没)が町内有志・旧家に呼びかけつつじの名木の寄進を仰ぎ、荒廃した境内に移植し、今日の姿をつくりました。毎年5月に境内は、満山を彩る樹齢300年、500本余の山つつじの織りなす景観となり、今や町の観光名所となっております。5月中旬「つつじ祭り」の期間中はライトアップも施され、その幻想的な美しさは筆舌に尽くせぬものがあります。』
イメージ 19
以前の記事
イメージ 20
以前の記事
イメージ 21
イメージ 3
イメージ 2