イメージ 2
御祭神は大物主神。陸奥湾に面した場所に鎮座し、こんぴらさんなので、海上守護・大漁成就を願って祀られたものと思われます。
イメージ 1
例祭日は4月20日。大正10年(1921)4月20日創建。建主折戸の木村仁太。
イメージ 3
しばらく個人の信仰神として祀られていましたが、後に折戸部落で維持運営。仁太の長男仁三郎の代に敷地(境内地)寄贈。
イメージ 4
平成16年9月29日社殿、鳥居等改築。
イメージ 5
社殿前に猿賀神社の石碑(大正7年8月15日)。
イメージ 6
主祭神は上毛野君田道命であり、やはり漁業にも関連するものです。
イメージ 7
その隣の小さな石も丁寧に祀られておりますが、何かは不明でした。
イメージ 8
イメージ 3
イメージ 2