イメージ 1
かつての石神村。石神村は明治8年に江渡村と合併し、それぞれの一文字をとって現在の石江村と改称しています。こちらの神社ではありませんが、菅江真澄が『すみかの山』で、「石神の村にこゝらの花の木ありて、そこに、ちいさやかの祠ある側に文永の碑あり、こと文字は苔にかいけたりて、それとはよみもとかれず」と書き記しています。
イメージ 2
御祭神は倉稲魂命・猿田彦大神・大宮能売命。
イメージ 3
イメージ 4
江渡茂吉が明治3年に江渡村を開拓する際、同氏隣地に勧請するも、同6年3月に神仏分離にて石江字富田(現青森市富田)の稲荷と合祀。しかし石江住民は五穀成就の氏神として現在も崇敬しています。
イメージ 5
拝殿扁額には「正一位伏見稲荷神社」(青森県知事山崎岩男謹書)とあります。
イメージ 6
水屋。
イメージ 7
御神木。
イメージ 8
イメージ 9
稻荷神社建築記念碑(昭和47年旧9月10日建之)。
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 3
イメージ 2