イメージ 7
由比ヶ浜と七里ヶ浜の間にあたる稲村ヶ崎(稲村ジェーンの舞台)付近から江の島遠望。
イメージ 6
西田幾多郎博士記念歌碑。
イメージ 5
『「七里濱夕日漂ふ波の上に伊豆の山々果し知らずも」明治44(1911)年「善の研究」公刊後、現代哲学を代表する西田哲学を樹立した西田幾多郎博士は、明治3(1870)年石川県河北郡宇ノ気村に生まれ、学習院、京都大学を歴任後、昭和8(1933)年当地を見下ろす稲村ガ崎に仮寓をもとめ昭和20(1945)年6月7日に、ここで没するまでの12年間余を主に夏と冬を過ごした。当記念歌碑は、昭和26(1951)年に博士の偉業を記念するために、博士の同郷の友人鈴木大拙博士や門下生らの発起により、多くの知識人や芸術家などの賛同を得て建設された。設計は坂倉準三郎氏による。』
イメージ 4
「富士三十六景」歌川広重
イメージ 3
「本朝名所」歌川広重
イメージ 2
江の島と富士山を眺めながら過ごしたい…
イメージ 1
イメージ 3
イメージ 2