イメージ 26
かつての大柳辺村(大柳部村。後に野沢村の一部)で、貞享4年検地水帳に稲荷神社が見えます。また享和3年寺社領分限帳や安政2年神社書上帳などには文禄年間創立の稲荷宮や髪長不動堂がみえます。
イメージ 24
イメージ 25
注連縄が青い!しかも立派!!
イメージ 23
稲荷宮は文禄年間(1592-1595)、五穀成就・村中繁栄のために創建と伝えます。堂社破損等は村中にて修復。神事は年々4月10日。不動堂は神仏分離によって廃堂。
イメージ 22
御祭神は倉稲霊大神。
イメージ 21
向拝。
イメージ 20
蟇股と木鼻。
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
龍が描かれた神額(平成4年4月10日)。
イメージ 16
大変綺麗に管理されております。
イメージ 14
イメージ 15
本殿。
イメージ 13
こちらは何でしょうね。
イメージ 12
馬頭観音のようにも見えますがよくわかりません。
イメージ 11
水は雨水。
イメージ 10
隣の石塔には正一位稲荷大明神(天保2年)とあります。
イメージ 9
狛犬一対。
イメージ 7
イメージ 8
庚申塔(天保2年)。
イメージ 5
イメージ 6
山神(明治25年12月12日)。
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
その他奉納石碑。
イメージ 1
イメージ 3
イメージ 2