イメージ 38
駒木村。享保11年に長峰村より分村。駒木は曽我氏が阿蘇の麓で駒を育てたことに由来するほど歴史の古い地です。
イメージ 37
入口附近にある庚申塚(天保3年・明治33年)と二十三夜塔(明治36年)。
イメージ 34
イメージ 35
イメージ 36
蝦夷館の濠址を降りて行きます。
イメージ 33
濠址に鎮座するのは神明小宮。
イメージ 31
イメージ 32
神木像などがありました。
イメージ 29
イメージ 30
小さい泉があります。
イメージ 28
ここから更に蝦夷館の濠址を上って行くと境内です。つまり下って上ります…。
イメージ 27
鳥居の跡や不明の石がありました。
イメージ 26
貞享4年検地水帳によりますと、鎮守は熊野宮で、御祭神は伊弉諾・伊弉冊命。
イメージ 25
安政2年神社書上帳によりますと、元禄3年(1690)、村中再建。
イメージ 24
元禄3年に阿蘇岳麓薬師堂を駒木村三五郎建立。
イメージ 22
イメージ 23
明治3年神仏分離によって、熊野宮を残し、薬師堂は廃堂。
イメージ 21
明治5年に元長峰八幡宮に合祀。明治20年代に復社(明治22年5月奉納の絵馬があることからそれより前くらい)。明治41年村社。
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
イメージ 20
壊れてしまった石灯籠。
イメージ 15
イメージ 16
熊野神社改築記念碑など。
イメージ 13
イメージ 14
御神馬と手洗水石。
イメージ 12
狛犬一対(大正9年)。
イメージ 10
イメージ 11
素敵な狛犬ですね。
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
末社の山ノ神小宮。
イメージ 4
イメージ 5
昭和55年12月31日、駒木部落一同奉納。
イメージ 3
神石像や鉄の草鞋などが奉納されていました。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 2