イメージ 20
灰沼村は寛永11年(1634)に千葉治右衛門が開村。
イメージ 18
イメージ 19
御祭神は譽田別尊。
イメージ 16
イメージ 17
現在は通称栄町八幡宮として親しまれているようです。
イメージ 15
貞享4年検地水帳によりますと灰沼村には栄太夫抱えの八幡社地が見えます。
イメージ 14
灰沼八幡宮は延宝9年(1681)の堂宮神主山伏行人之覚によりますと寛文4年(1664)の勧請とあり、安政2年(1855)神社書上帳によりますと天和年間(1681-1683)の建立と伝えます。
イメージ 13
御神体は村の開祖である千葉家次男の内神を産土神として祀ったと伝えており、その後行方不明になったため、現在の御神体は明治初期に作られたものであると言われています。
イメージ 12
石灯籠と御神馬。
イメージ 10
イメージ 11
狛犬一対。
イメージ 8
イメージ 9
社殿横の建物。
イメージ 7
末社。
イメージ 5
イメージ 6
末社前の狛犬一対。
イメージ 3
イメージ 4
色々祀られていましたが、馬頭観世音かな。
イメージ 2
末社裏の庚申塔(紀年銘:天保・明治・慶應)。慶應の猿田彦太神前に小さな狛犬もいました。
イメージ 1
イメージ 3
イメージ 2