イメージ 1
東京都墨田区立花。吾嬬神社 (吾妻大権現)。御祭神は弟橘媛命、日本武命。
イメージ 2
イメージ 3
弟橘媛は日本武尊の東征神話にて尊が相模より房総へ渡る際、暴風雨に見舞われ、海を鎮めるために生贄となり海中に没した人物。その遺品が流れ着き葬って塚としたものが吾嬬神社の始まりと伝えます。
イメージ 4
イメージ 5
縁起(境内案内版より)…丁寧な由緒書きだけど…手書きはやっぱり少々読みにくいです。間違っていたらすいません。
『往時は吾嬬の森八丁四方と云はれまた浮洲の森とも呼ばれこんもりと茂った森林の神域にあった名社である。草創は遠く景行天皇(12代)の頃にさかのぼり御祭神は弟橘媛ノ命を主神とし日本武尊ノ命を御合祀奉斉してあります。正治元年(1199)北條泰時が幕下の葛西領主遠山丹波守らに命じて神領三百貫を寄進し社殿を造営した。嘉元元年(1303)開創の真言宗宝蓮寺現亀戸4丁目を別当寺とし吾嬬大権現と称した。以後武家の尊崇があって安永3年(1774)大川橋の新設にあたり江戸から当社えの参道にあたるところから橋名を吾妻橋と称したともいい、明治21年に数村を合せて吾嬬村と称したのは時の府知事高崎五大の発案で社名をとったのである。
 抑当社御神楠は昔時日本武ノ命東夷征伐の御時相模の国に御進向上総の国に到り給はんと御船に召されたるに海中にて暴風しきりに起り来て御船すでに危ふかりしに御后橘媛ノ命海神の心を知りて御身を海底に沈め給ひしかば忽海上おだやかに鎮りたり時に一つの島忽然と現れ到る心を知りて御船をば浮洲に着けさせ嶋にあがらせ給ひてあゝ吾妻恋しと宜ひしに俄かに東風吹き来りて橘媛ノ命の御召物海上に浮び磯部にたじ寄らせ給ひしかば尊大きに喜ばせ給ひ橘媛ノ命の御召物を則此浮洲に納め築山をきづき御廟となしたりこれ現在の御本殿の位置なり此時尊は食し給ひし楠の御箸を以て末代天下平安ならんには此箸忽ち根枝を生じし処葉茂り連理の男木女木となれり神代より二千有余年の星霜おし移ると云へ共尚梢えの色変らず栄えし処名樹も第二次大戦の災禍を被り焼け落ちて化石の如き姿で残った其一部を以て賽銭箱を造り御神前に永く保在される事となった以後御神徳に依る数々の奇瑞を現わし諸人の助けとなりたる神樹を惜みて明治維新百年祭を記念して元木に優る名樹に成長を祈念しつつ二本の若木が植えられた爾来十年余念願成就の兆し現れ日毎に葉茂り枝栄えたりこれこそ御神木の再生ならんと此由来を御世に伝えんと略してしるす也』
イメージ 44
石碑も読みにくい(笑)
イメージ 43
縁起(境内案内版より)…更に読みにくい(笑)内容はほぼ同じ。
イメージ 42
『抑当社御神木楠は昔時日本武命尊東夷征伐の御時、相模の國に御進向上の國に到り給はんと御船に召されたる海中にて暴風しきりに起り来て、御船危ふかしりて、御后橘媛命、海神の心を知りて、御身を海底に沈め給ひしかば忽海上おだやかに成りぬれ共御船を着くべき方も見えざれば尊甚だ愁わせ給ひしに不思儀にも西の方に一つの嶋忽然と現到る御船をば浮洲に着けさせ嶋にあがらせ給ひて、あー吾妻戀しと宣ひしに俄かに東風吹来りて橘媛命の御召物海上に浮び、磯辺にただ寄らせ給ひしかば尊大きに喜ばせ給ひ、橘媛命の御召物を則此浮洲に納め、築山をきづき瑞離を結び御廟となし、此時浮洲吾嬬大権現と崇め給ふ。海上船中の守護神たり尊神ここに食し給ひし楠の御箸を以て末代天下平安ならんには此箸二本ともに栄ふべしと宣ひて御手自ら御廟の東の方にささせ給ひしに、此御箸忽ち根枝を生じし処葉茂り相生の男木女木となれり神代より今に至りて梢えの色変らぬ萬代をこめし事宛然神業なり。其後民家の人々疫にあたり死する者多かりしに時の宮僧此御神木の葉を与えしに病苦を払ひ平癒せしより、諸人挙って貴び敬ひぬ。今こそ此御神木楠の葉を以って護符となして裁服するに如何なる難病にても奇瑞現れぬと云ふ事なし。凡二千有余年の星霜おし移ると云へ共神徳の変らざる事を伝ふべし共猶諸人の助けとならんと略してしるす也』
イメージ 40
イメージ 41
社殿は小高い人工の築山にあり、長方形に整備されているもののかつては古墳であったとも伝えます。
イメージ 35
イメージ 36
イメージ 37
イメージ 38
イメージ 39
拝殿。
イメージ 32
イメージ 33
イメージ 34
『御祭神 吾嬬の森 山県大貮先生稱徳の碑』とありました。
イメージ 31
吾嬬森碑。
イメージ 30
案内板より。
イメージ 29
『この碑は、明和3年(1766)に儒学者山県大貮により建立されたと伝わります。「吾嬬の森」とは、吾嬬神社の代表的な呼び名で、江戸を代表する神社の森のひとつとして「葛西志」や「江戸名所図会」にも紹介されています。碑の内容は、地元に伝わる神社の来歴となっており、日本武尊の東征、尊の妃・弟橘媛の入水により海神の怒りを鎮めたこと、人々がこの神社の地を媛の墓所として伝承し、大切に残してきたことなどが刻まれています。「新編武蔵風土記稿」には、碑は神木の傍らに建てられていたと記されています。
イメージ 27
イメージ 28
神木とは、墨田区登録文化財である「連理の樟」のことです。一つの根から二つの幹を見せる姿は、歌川広重の「江戸名所百景」にも描かれています。左の絵は広重の作品「江戸名所道化盡 吾嬬の森梅見」で、中央にひときわ高くそびえるのが「連理の樟」です。
イメージ 26
明治43年(1910)の大水や関東大震災、東京大空襲などにより森は失われましたが、長く地域に根ざした伝承は、この碑を通じても垣間見ることができます。』
イメージ 25
本殿。
イメージ 24
本殿前の狛犬(墨田区登録文化財・安永2年5月銘)。
イメージ 21
イメージ 22
イメージ 23
『この狛犬は比較的小型の一対ですが、世話人10名と奉納者22名もの名前が刻まれています。そのほとんどが築地小田原町(中央区築地6・7丁目)や本船町地引河岸(中央区日本橋本町)など日本橋の商人であることから、海運・漁業関係者との繋がりをよく表しているといってよいでしょう。このことは吾嬬神社の由来に起因しています。日本の神話に、日本武尊命が現在の東京湾を舟で渡っている時に神の怒りに触れ、往生していた時に妻の弟橘媛が海に身を投げて海神の怒りを鎮めたという話があります。この媛の品が流れ着いた所がこの地だったということです。以来、海や川で働く人々の守護神として信仰されてきたわけです。また、昔は地盤沈下していなかったため、この社の裏の「吾嬬の森」と呼ばれた森が小山のように広がり、海上からの好目標だったことも崇敬を集めた理由のひとつでしょう。現在、鉄柵の奥にあるため近づくことはできませんが、かえって台座に刻まれた人名など、良い状態で保存されています。』
イメージ 19
古地図。
イメージ 18
イメージ 20
福神稲荷神社。
イメージ 16
イメージ 17
御祭神は宇賀之魂之命、大国主之神、金山彦之命。
イメージ 14
イメージ 15
『当社は元亀戸4丁目地蔵川岸のほとりに鎮座ましましたが(1922)吾嬬神社旧社務所の位置に有縁の地とし御遷座もうしあげました。その後第二次世界大戦の災禍をうけ周囲家屋他草木に到る迄焼け尽きた中この社殿全く無被害の不思議な現象に奇跡なりと御神徳に人々は驚異の目を見張りました。吾嬬神社復興事業(1946)執行の折社殿を現在の場所へ再び御遷座申し上げ此処に吾嬬神社と共に庶民の守護神とて奉祭申し上げて居ります。尚この奇跡の社殿を出来る限り永く保存して次世代に伝え様と略して印す次第であります。平成9年6月。以上』
イメージ 13
力石群5個。
イメージ 12
それぞれ「元木場材木町金七擔之 正目四拾六貫四百目 深川親和書」(約174kg)、「元木場材木町金七擔之 正目五拾貫貮百目 深川親和書」(188kg)が刻まれる力石には、江戸の有名書家である三井親和の書であり、力石としては大変珍しく貴重なもの。
イメージ 10
イメージ 11
その他は、阿波国の75歳の美辰が詠んだ歌石「もののふの鏡なりけり世々までも なを照らします大和ことの葉」、「さし石 下平井村西 亀吉」を刻むもの、無銘1基があります。
イメージ 9
一戸兵衛大将(弘前藩士一戸範貞の長男)揮毫の『吾嬬神社』石碑。
イメージ 8
紀真顔高麗剣の歌碑(文政12年※昭和40年9月破損にて再建)『高麗剣わざこそ歌の一風流を我たまひしと人強く磨けり』。
イメージ 7
源延平歌碑『皇国はかみ代のままの道しあれことなる文のをしへ何せむ 源延平』。
イメージ 6
イメージ 3
イメージ 2