イメージ 12
御祭神は倉稲魂神、素盞鳴尊。
イメージ 10
イメージ 11
枝川村周辺では浅瀬石川からの取水が行われており、所謂枝川三堰と呼ばれる枝川堰・諏訪堂堰・大曲堰が設けられました。
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
旧村社の地内稲荷神社は、かつて神八之助の宅神であったものを、寛永元年(1624)に枝川三堰の守護神として、現在の社地に祠を建立したもの。
イメージ 6
灌漑地域の藩代官を始め、水域農民の崇敬が篤く、年々の祭事には多数の人々が参拝して供物を献じ、盛大なる祭事が行われてきたと伝えます。明治7年5月に村社。
イメージ 5
境内敷石奉納記念碑。
イメージ 4
灯籠と手水舎。
イメージ 3
本殿。
イメージ 2
本殿前の狐。
イメージ 1
イメージ 3
イメージ 2