イメージ 1

イメージ 2
最初の鳥居から右に直角に曲がったところに社殿があります。
イメージ 3
鎮守の森も立派です。本郷八幡宮の境内の老杉には次のような言い伝えがあります。昔、老杉を切ろうとしたところ、境内不気味に鳴動し、そしていよいよ切ってみたところ、切り口より血のような汁が多量に噴出。更に切り倒したところ、一本の短刀が出てきたそうです。この大老木(神木親だき杉)について、長明寺和尚が次のような歌一首を詠み神宮に与えました…「心なき人には見せよ 本郷の八幡境内の 親だき杉」。又、八幡宮舞所の棟木には次の一首があります…「杉しげき 杉のこのまにやしらうて 遠き神代をしのばれにけり」安政3年7月当社に詣でてよめるなり。斎藤安正。
イメージ 4
参道両脇には狛犬や石燈籠などたくさん並べられています。
イメージ 5
参道の狛犬・石燈籠・鳩・御神馬。
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
ほぼ等間隔で綺麗に並べられていますね。
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
イメージ 17
御祭神は譽田別命。
イメージ 18
イメージ 19
創建不詳ですが、天和4年(1684)の村絵図にはすわ八幡宮がみえ、それ以前の創建と考えられます。
イメージ 20
貞享4年検地水帳によりますと、12歩の宮があり、境内林1町8畝、長さ50間・横40間、6尺回り・3尺回り雑木275本とあります。八幡宮櫛の松が有名でしたが近年に失われたといいます。
イメージ 21
イメージ 22
イメージ 23
イメージ 24
元禄11年(1698)本郷村中にて再建、旧村社。
イメージ 25
イメージ 26
水はないけど手水舎。
イメージ 27
こちらの石は何でしょうね。
イメージ 28
嘉永2年2月に奉納されたもののようです。
イメージ 29
イメージ 30
末社。
イメージ 31
中には石が祀られています。
イメージ 32
こちらも末社。
イメージ 33
1つは石、もう1つは稲荷宮(2001年7月29日建立)のようです。ちなみに天保12年(1841)建立の馬頭観音堂が末社として存在するはずなのですが、石からは何も読み取れず、どれのことかはわかりませんでした。
イメージ 34
イメージ 35
不明の石。
イメージ 36
イメージ 37
庚申塔・二十三夜塔。文化・天保などの紀年銘が見えます。
イメージ 38
イメージ 39
忠魂碑。
イメージ 40
関脇浪の音健蔵之碑(青森県知事竹内俊吉書)。
イメージ 41
さて、当八幡宮とは県道146号で分断されていますが、分断された森にも何やら鳥居が見えます。
イメージ 42
薬師堂のようです。
イメージ 43
隣の八幡宮との歴史的(神仏分離)関わりについては不明ですが、末社となっています。建立は不詳。文化9年再建(1812)。
イメージ 44
建物は二つ。こちらは手前の建物。
イメージ 45
イメージ 46
本殿下に奉納されている穴あき石。
イメージ 47
イメージ 48
奥の建物は琉璃殿。
イメージ 49
イメージ 50
薬師如来の正式名は薬師瑠璃光如来。東方浄瑠璃世界の教主。
イメージ 51
これは近くのバス亭。「東京線三叉路」という名に違和感。
イメージ 52
イメージ 3
イメージ 2