イメージ 1

イメージ 2
松蔭神社。東京都世田谷区若林。御祭神は吉田寅次郎藤原矩方命(吉田松陰先生)。
イメージ 3
境内案内板が丁寧だったので、それに忠実に紹介していきます。
イメージ 4
松蔭神社…『松陰先生は、幕末の思想家、教育者で私塾松下村塾を主宰し、明治維新を成遂げた多くの若者を教育しました。しかし、安政の大獄に連座し江戸の伝馬町の獄中にて30歳の若さで刑死されました。その4年後の文久3年(1863)に、松陰先生の門下生であった高杉晋作、伊藤博文等によって、当時長州毛利藩藩主毛利大膳大夫の所領で大夫山と呼ばれていたこの地に改葬されました。明治15年(1882)11月松陰先生門下の人々が相談し、墓畔に社を築いて先生の御霊を祀り神社が創建されました。』
イメージ 5
大正初期の社殿。
イメージ 6
松蔭神社旧鳥居柱。
イメージ 7
『松陰先生50年祭(明治41年)の際に建造された松蔭神社旧鳥居柱の一部(社殿向かって右の柱)。旧鳥居は御影石製で台座含め総重量約20t程であった。平成23年10月の新鳥居建造にあたり解体。その一部を保存した。「明治41年10月50年祭典」の刻字は社殿向かって左の柱にあったものを保存の際に写し刻字したもの。』
イメージ 8
吉田松陰先生像。
イメージ 9
『明治23年に大熊氏廣氏によって製作された吉田松陰先生像(石膏、松陰神社所蔵)から鋳造されたブロンズ像。松陰神社ご鎮座130周年(平成24年)の記念事業として東京藝術大学に依頼し、ほぼ1年をかけ石膏像の調査修復及びブロンズ像の鋳造をおこなった。平成25年4月完成。同27日の春季例大祭にあわせ完成除幕式がおこなわれた。※大熊氏廣(安政3年(1856)-昭和9年(1934))。明治9年工部美術学校に入学し、教授として来日していたイタリア人彫刻家教授として来日していたラグーザに師事、明治15年首席で卒業。明治21-22年滞欧しファルギエール、モンテベルデ等に師事。日本における近代彫刻の先駆者。作品として靖国神社の大村益次郎像が有名。』
イメージ 10
手水舎(昭和2年造営)。
イメージ 11
社務所。
イメージ 12
神輿庫。
イメージ 13
明治百年祭記念碑。
イメージ 14
神楽殿。
イメージ 15
松蔭神社道の道標。
イメージ 16
『旧大山道(矢倉沢往還。現在の世田谷通り)から松蔭神社に至る道の入口に建てられていた道標。世田谷通り拡幅事業の際に境内に移設した。明治45年乃木希典公により寄進』
イメージ 17
徳富蘇峰植樹の碑。『景慕英風植樹表誠』。
イメージ 18
『徳富蘇峰(本名:猪一郎、徳富蘆花の兄)は明治の言論人。肥後の生まれで、熊本洋学校をへて、同志社に学ぶ。政治的には桂太郎と密接な関係を持った。明治41年自身の著述「吉田松陰」発刊にあたり植樹をおこない、碑を建立した。』
イメージ 19
石燈籠。
イメージ 20
イメージ 21
イメージ 22
イメージ 23
『境内に立ち並ぶ32基の石燈籠は、毛利元昭公をはじめ先生門下の伊藤博文、山縣有朋などの縁故者より明治41年(1908)に奉献されたものです。その燈籠に刻まれた文字は書家高田竹山による八分隷書体によるものです。』
イメージ 24
墓所に向かう途中に大黒様がいました。
イメージ 25
吉田松陰先生他烈士墓所。
イメージ 26
『文久3年(1863)正月。高杉晋作、伊藤博文、山尾庸三、白井小助、赤根武人等は、松陰先生の亡骸を千住小塚原回向院よりこの世田谷若林大夫山の楓の木の下に改葬し、先生の御霊の安住の所とした。同時に小林民部、頼三樹三郎も同じく回向院より改葬。その数日後、来原良蔵の墓を芝青松寺から改葬。同年11月、福原乙之進を埋葬した。禁門の変後の、長州征伐の際に幕府によって墓は破壊されたが、木戸孝允等の手により明治元年(1868)に松陰先生以下の墓を修復し、更に綿貫冶良助を埋葬、中谷正亮を芝清岸院より改葬、長州藩邸没収事件関係者の慰霊碑(井上新一郎建立)を建てた。その後、墓所修復の挙を聞いた徳川氏から先生墓所前の石燈籠と墓域内の水盤が、謝罪の意を込め寄進された。明治8年、来原良蔵妻和田春子を埋葬。明治37年、桂太郎が長州藩第四大隊招魂碑を建立。明治42年、遺言により野村靖を埋葬。明治44年、野村靖夫人野村花子を埋葬。昭和33年松陰先生100年祭にあたり松陰先生墓域の柵を修復した。』
イメージ 27
「大政一新之歳、木戸大江孝允」と刻む木戸孝允寄進の鳥居。
イメージ 28
徳川家奉納燈籠(内側の左右一対)。
イメージ 29
イメージ 30
松陰先生墓。
イメージ 31
徳川家奉納水盤。
イメージ 32
長藩第四大隊戦死者招魂碑。
イメージ 33
藩長中谷正亮源實之墓。
イメージ 34
イメージ 35
来原良蔵妻和田春子墓。
イメージ 36
野村靖・野村花子之墓。
イメージ 37
社殿。
イメージ 38
イメージ 39
本殿。
イメージ 40
松下村塾。
イメージ 41
立入禁止ですが雨戸開放が開放されており、外からでも十分見学できました。
イメージ 42
講義室。
イメージ 43
イメージ 44
イメージ 45
塾生控室。
イメージ 46
松下村塾…『松陰先生の教育道場であった松下村塾は、叔父の玉木文之進が天保13年(1842)寺子屋を開いて、松下村塾の看板をかけたのが村塾の名の起こりです。塾長は玉木氏が公務多忙の間、久保五郎左衛門が安政4年(1857)まで引き継ぎました。その後、松陰先生が再び投獄されるまで引き継ぎ、さらに玉木氏、兄の杉梅太郎らによって明治25年頃まで続きました。松陰先生は嘉永5年(1852)23才の時は半年ほど、安政2年(1855)26才の冬出獄(米艦に乗船を企てて投獄されていた)してから安政4年(1857)11月迄、杉家(松陰の実家)で子弟を教育していました。この月の5日にはじめて八畳一間の塾舎が完成することとなり、松陰先生はこの時から塾に起居し塾生に対し子弟同行の実際教育を指導しました。塾生が増加して手狭になったので安政5年(1858)3月、十畳半の増築がおこなわれました。松陰先生が名実共に公に認められたのは、安政5年7月20日、先生29歳の時、藩主より家学(山鹿流兵学)教授を許可され、これから同年12月安政の大獄に連座し投獄されるまでの5ヶ月の間のことでありました。実際に先生が塾生に教育を施した年月は安政3年8月の頃より安政5年末に投獄されるまでの、通算2年半程であったようです。松下村塾で薫陶をうけた塾生はおよそ90名前後といわれており、久坂玄瑞、高杉晋作、木戸孝允、山縣有朋、品川弥二郎、伊藤博文など明治維新を通し近代日本の原動力となった多くの逸材を輩出させたことは特に有名です。本神社にある松下村塾は山口県萩の松陰神社境内に保存されている松下村塾を模したものです。』
イメージ 47
イメージ 48
松下村塾前にも松陰先生像。
イメージ 49
イメージ 50
イメージ 3
イメージ 2