イメージ 1
入口付近の日露戦没記念碑。
イメージ 2
かなり大きな庚申塔。
イメージ 3
黒石城下北方、東は飛内村・小屋敷村、南は田中村です。
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
明暦2年(1656)、津軽信英分知の際に村は弘前藩領と黒石領に分けられ、弘前藩領の西馬場尻は本馬場尻・上馬場尻と呼ばれ、黒石領の東馬場尻は黒石馬場尻・下馬場尻と呼ばれました。
イメージ 7
西馬場尻の稲荷神社の御祭神は宇賀御魂命。
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
南津軽郡是によりますと寛文5年(1665)8月の勧請と伝えます。
イメージ 11
宝永5年(1708)2月、村中にて堂宇再建。正徳2年(1712)8月10日、村中にて精舎一宇造立。
イメージ 12
イメージ 13
その後、再三の改築を経て、明治42年8月27日村社。
イメージ 14
社殿前狛犬。
イメージ 15
イメージ 16
メタボ気味。
イメージ 17
イメージ 18
本殿前。
イメージ 19
本殿前には狐一対と狛犬一対。
イメージ 20
イメージ 21
イメージ 22
社道改修記念碑。
イメージ 23
御神木の大松・大杉。
イメージ 24
イメージ 25
イメージ 3
イメージ 2