イメージ 1
八反田村。
イメージ 2
古舘という住所です。
イメージ 3
かつて八反田館がありました。
イメージ 4
田舎館城は北方にあるこの八反田館の水門や畑中の水門を閉じると、外掘によって一面が湖沼となる構造でした。八幡宮から程近い八反田の隠し水門は現在水路になっていますが、その名残を留めています。
イメージ 5
イメージ 6
御祭神は誉田別命。
イメージ 7
イメージ 8
享和3年寺社領分限帳や安政2年神社書上帳によりますと、寛保年間の創建。
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
元禄15年堂社縁起修験道由緒によりますと、永禄年間の洪水にて小山に移り、川原山八幡宮と称したと伝えます。
イメージ 12
忠魂碑、霊碑。
イメージ 13
イメージ 14
馬頭観世音。
イメージ 15
イメージ 16
これは読み取れず。
イメージ 17
こちらも読み取れず。
イメージ 18
イメージ 19
八幡宮前の道沿いにあった力士荒岩彦三郎之碑や庚申塔など。
イメージ 20
イメージ 21
イメージ 3
イメージ 2