イメージ 1
繁華街の一画にひっそりと鎮座する豊川稲荷神社です。
イメージ 2
イメージ 3
有栖川宮熾仁親王ご直筆の額束。
イメージ 4
石灯籠一対。
イメージ 5
イメージ 6
本殿。
イメージ 7
御祭神は荼吉尼天。
イメージ 8
『豊川稲荷は、光禅寺の分霊として国分町に祀られていましたが、戦災の後新しく道路ができた時に稲荷小路に移しお祭りしたのが始まりです。伏見が神道系に対し豊川稲荷は仏教系のお稲荷様で、日本の二大稲荷として崇られております。豊川荼吉尼真天のご由来は、古くは700年前に寒嚴禅寺が時勢を救うの大信念を貫いて2度も中国に渡りご成道されたのが、稲荷の始まりと伝えられています。お稲荷様のご信言「オンシラバッタニリウンソワカ」と唱える。徳川時代の名判官大岡越前守が、篤く信仰されていました。また明治維新になって、時の総裁職となられた有栖川宮熾仁親王よりご直筆の「豊川閣」を賜って、益々信仰が高まったようでございます。豊川稲荷は、商売繁昌、家内安全、五穀豊穣、火伏せの守護神として、ここに鎮座しております。遠近の老いも若きもここに来て心の洗う豊川の水 拍掌 虎屋横丁 稲荷小路親交会』
イメージ 9
イメージ 3
イメージ 2