イメージ 1
八幡宮に到着…しかし二の鳥居から先はとてもじゃないけど歩ける状況ではありませんでした。
イメージ 2
深い茂みの中に何となく参道があるのは感じますが…無理です。
イメージ 3
イメージ 4
裏参道はないかと山の裏へと行ってみました…
イメージ 5
よかった!登れるようになっていました。こちらが表参道なのかな?って思いましたが、社殿や狛犬の向きを見たら、やはり最初の獣道が表参道のようです。
イメージ 6
山の上から表参道入口を見下ろしてみます…
イメージ 7
無理でしょ?(笑)
イメージ 8
居土村の枝村である折紙(折上)新田は高野新田と同じく宝永6年頃に成立した村。
イメージ 9
折紙の鎮守八幡宮は更に奥にある沢田の小山の上に鎮座します。
イメージ 10
御祭神は誉田別命。
イメージ 11
安政2年神社書上帳によりますと享保元年(1716)の創建とありますが、青森県神社庁HPによりますと、天正2年(1574)、新田源氏の末裔新田顕義が当地に陰伏し、秘かに一旗を挙げんと此の地に社殿を建立。武神を祀り祈願所として、後に小笠原伊勢守信静が居住し崇敬してきましたが、天明の大飢饉により村民四散し、本社は只名称あるのみにて廃社同様となったとあります。
イメージ 12
イメージ 13
青森県神社庁HPの写真と社殿や周囲の木の雰囲気が全然異なりますが、狛犬は同じで、社殿は近年に新築されたものと思われます。実際、新しい感じの建物でした。
イメージ 14
狛犬一対。
イメージ 15
イメージ 16
イメージ 17
イメージ 18
末社。ちゃんと台座に水が溜まるようになっています。
イメージ 19
龍神。
イメージ 20
景色も空気もとってもいい場所。
イメージ 21
イメージ 22
イメージ 23
ニホントカゲも喜んでおりました。
イメージ 24
イメージ 25
イメージ 26
イメージ 3
イメージ 2