イメージ 19
上平沢の西部、滝名川中流の左岸で馬場の町北側に位置。
イメージ 18
※紫波ICから志和稲荷へと向かう途中、たまたま見つけて裏側から来たので、一の鳥居には気付かず二の鳥居からです。
イメージ 17
御祭神は誉田別命・武甕槌命で旧郷社。
イメージ 16
紫波郡誌によりますと、貞観4年(862)山城石清水八幡宮を勧請したとされ、天喜5年(1057)源頼義が安倍氏との合戦で紫波郡に軍勢を進めた時、当社に奉幣立願し、安倍氏を討った後、軍勢は社前に会集拝謝し凱歌をあげたと伝えます。また、志和軍戦記には斯波氏家来片寄吉三郎の鎮守とあります。
イメージ 14
イメージ 15
盛岡藩主南部家の崇敬厚く、慶長12年(1607)10月4日の南部利直知行宛行状(志和八幡宮文書)によりますと、上平沢のうち禰宜手作地37石余が寄進されており、同月20日付の同内容の寄進状もあります。更に同19年に加増があり、社領43石余となります。
イメージ 12
イメージ 13
当地は寛文4年(1664)の八戸藩の成立に伴い同藩領となりましたが、社領はそのまま維持されまいた。「雑書」正保4年(1647)8月18日条に当社祭礼の記事がみえます。
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
かなり個性的な狛犬。
イメージ 7
イメージ 8
境内にあった由緒。
イメージ 6
摂末社の八坂神社・天満宮。
イメージ 4
イメージ 5
松尾大神。
イメージ 3
筆塚。
イメージ 2
忠魂碑。
イメージ 1
イメージ 3
イメージ 2