イメージ 1
長勝寺並寺院開山世代調によりますと、かつては沖館村にあったとされ、開基を天正8年(1580)としています。その後堀越村を経て弘前城下へ移ったとされます。
イメージ 2
場所は沖館観音堂(沖館神明宮)の裏山の頂上。沖館観音堂入口に案内標柱があります。途中からは急勾配で狭い農道になります。徒歩じゃないと無理です。
イメージ 3
イメージ 4
上に行くとめっちゃ景色のいい場所でした。
イメージ 5
岩木山も正面に見えます。
イメージ 6
この日は快晴。でも岩木山方面では雨が降っていたそうです。
イメージ 7
手前に見える森は沖館観音堂。
イメージ 8
見えてきました。
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
頂上には松が1本あり、比較的新しい石碑が建っております。
イメージ 12
イメージ 13
『平成七年八月吉日月峰院三十四世 住職大高寛昭代 副住職大高義昭』
イメージ 14
イメージ 3
イメージ 2