イメージ 1
かつての袋村。
イメージ 2
貞享4年検地水帳によりますと藤五郎抱えの観音堂と村中抱えの水神宮があります。観音堂は産土神である袋観音であり、宝永5年(1708)に観音平に移り、神仏分離で白山姫神社となっています。当神社についての由緒は不明です。
イメージ 3
法華経の守護神である鬼子母神を祀るというのはわかります。
イメージ 4
イメージ 5
末社。
イメージ 6
イメージ 3
イメージ 2