イメージ 1
川を渡っていきます。かつての本町村。
イメージ 2
イメージ 3
八坂神社橋…そのまま(笑)
イメージ 4
しかもよく見たら赤く塗られたガードレール(笑)
イメージ 5
御祭神は須佐之男尊。
イメージ 6
イメージ 7
享禄年中(1528-1532)大光寺城主滝本播摩守が千手観音を勧請、天正年間(1573-1592)焼失。慶長11年(1606)、津軽左馬頭藤原建廣公が大光寺城落城戦死者供養のために聖観音堂を建立。この時の棟札は現存。
イメージ 8
イメージ 9
明治4年に神仏分離によって八坂神社と改称。
イメージ 10
イメージ 11
旧藩時代は修験司頭松峰山大行院配下のもとに別当本覚院をして、堂宇造営はもちろん、祭事は藩費を以って御経営。
イメージ 12
イメージ 13
旧平賀郡の総社にして、旧大光寺組一郷の総社産土神。
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
昭和22年以来単立神社でしたが、平成7年神社本庁に所属。
イメージ 17
イメージ 18
棟札(慶長11年)が平川市有形文化財に指定されています。
イメージ 19
本殿横。
イメージ 20
青面金剛や庚申塔など。
イメージ 21
イメージ 22
イメージ 23
イメージ 24
イメージ 25
末社と力士の名を刻む石碑。
イメージ 26
イメージ 27
こちらは周囲が池に囲まれています。
イメージ 28
特に社名はありませんでしたが立派な造りです。胸肩神社(弁天宮)かな。水神であることは間違いないようです。
イメージ 29
イメージ 30
イメージ 3
イメージ 2