イメージ 1
一番町交差点から一番町4番地と6番地の間を南へ上る坂。
イメージ 2
御厨谷坂と永井坂の間に位置し、五味坂の坂上と交差しています。
イメージ 3
イメージ 4
昔はその名の通り行き交う人の袖と袖が触れ合うほど狭い道だったそう。
イメージ 5
イメージ 6
坂上には滝廉太郎居住地跡の碑があります。
イメージ 7
『滝廉太郎は、この交差点から西に100m程の所(一番町6番地ライオンズマンション一番町第2)に、明治27(1894)年ごろから34(1901)年4月まで居住していました。今日でも愛唱されています名曲「花」・「荒城の月」・「箱根八里」・「お正月」・「鳩ぽっぽ」など、彼の作品の多くはそこで作られました。滝廉太郎は明治12(1879)年東京に生まれ、幼少期より音楽に対する才能を示し、同27年東京高等師範学校付属音楽学校専修科(後の東京音楽学校)に入学しました。優秀な成績で卒業した後は、母校の助教授として後進の指導にあたりました。明治34年、文部省の留学生としてドイツのライプチヒ国立音楽学校に学びました。しかし、病を得て帰国し、大分の父母のもとに帰り療養しましたが、家族の手厚い看護もむなしく、同36(1903)年6月29日死去しました。日本の芸術歌曲の創始者ともいわれています。滝廉太郎が、一番町に暮らしていたことを偲び、毎年9月下旬には地元町会の主催で「滝廉太郎を偲ぶ会」がこの場所で開催されています。』
イメージ 8
坂道標柱より。
イメージ 9
『この坂を袖摺坂といいます。むかし、この坂道は行きあう人の袖と袖がふれあうほどせまいのでその名がついたといわれます。幅のせまい道をこのように名付けた坂は他にも見られます。』
イメージ 10
イメージ 3
イメージ 2