イメージ 1
早稲田集落の東にあります。深山八幡宮とも称します。
イメージ 2
イメージ 3
鳥居に由緒等が掲げられていましたが、私が下調べした内容(以下に記載)と一致しているので省略します。っていうかもう少し低い位置にあった方が読みやすいなぁ(笑)
イメージ 4
イメージ 5
御祭神は誉田別尊。旧村社。
イメージ 6
元々は二本木にありましたが、明治4年に神仏分離によって兼平天満宮へ移され、後の明治6年に深山宮と合祀して共に復社。
イメージ 7
イメージ 8
深山宮は永正元年(1504)の建立と伝えられ、当時は羽黒山海沢寺と称しました。
イメージ 9
元来の御祭神は速玉男神で現在の熊野速玉大社(和歌山県新宮市)の主神。同大社は現在の熊野那智大社(和歌山県東牟婁郡那智勝浦町)と共に安東氏の信仰が厚かったのです。深山宮もまた明治初年に兼平天満宮へ移っています。
イメージ 10
イメージ 11
八幡宮の由緒は明らかではありませんが、近年まで二本木集落の南端にあった松と杉の二老木には安東氏伝承が残っています。境内には堀がめぐらされています。
イメージ 13
イメージ 12
イメージ 14
青森県神社庁によりますと「長享二戌申年、津軽家の祖先種里城主大浦信濃守光信公の創建になりしが其後元和の大凶歳に当り元和二丙辰年に至り在方建立仰付らる。」とあります。
イメージ 15
この狛犬…
イメージ 16
イメージ 17
どこかバランスが悪い(笑)
イメージ 18
イメージ 19
頭が大きいのかな。
イメージ 20
イメージ 21
馬頭観音。
イメージ 22
庚申塔・二十三夜塔。
イメージ 23
三猿像付き庚申青面金剛。
イメージ 24
イメージ 25
イメージ 26
少し離れた場所にあるこちらの祠には…
イメージ 27
熊野宮大神・屋船大神・手置帆負命等が見えます。深山宮改築時のものでしょうか。
イメージ 28
イメージ 3
イメージ 2