イメージ 42
東京十社のひとつ品川神社(北の天王・北品川稲荷社)。元准勅祭神社、新東京八名勝。
イメージ 43
鳥居かっこいい。
イメージ 44
イメージ 45
御祭神は天比理乃咩命(天太玉命の后神。祈願成就・航海安全の神。源頼朝公御勧請。)、宇賀之売命(お稲荷様。農業・商業・産業繁栄の神。二階堂道蘊公御勧請。)、素盞嗚尊(天王様。風水害除け・疫病(病気)除けの神。太田道灌公御勧請)。
イメージ 46
東海七福神・大黒天が迎えてくれます。
イメージ 41
正面の石段は急です。
イメージ 36
イメージ 37
イメージ 38
イメージ 39
イメージ 40
向って右の鳥居を進めば女坂的な道もあります。
イメージ 33
イメージ 34
イメージ 35
更にその手前にも今は使われていないであろう細い参道がありました。
イメージ 32
品川神社御由緒。
イメージ 31
『今からおよそ800年程前の平安時代末期の文治3年(1187)に、源頼朝公が安房国の洲崎明神(現・千葉県館山市鎮座 洲崎神社)の天比理乃咩命を当地にお迎えして海上交通安全と祈願成就を祈られたのを創始とします。 
イメージ 29
イメージ 30
やがて、鎌倉時代末期の元応元年(1319)に二階堂道蘊公が、「宇賀之売命(お稲荷様)」を、さらに室町時代中期の文明10年(1478)に、太田道灌公が「素盞嗚尊(天王様)」をそれぞれお祀りしました。 
イメージ 27
イメージ 28
慶長5年(1600)、徳川家康公が関ヶ原の戦いへ出陣の際に当社へ参拝し戦勝を祈願され、その後、祈願成就の御礼として仮面(天下一嘗の面)・神輿(葵神輿)などを奉納されました。 
イメージ 26
また、寛永14年(1637)3代将軍徳川家光公により東海寺が建立され当社がその鎮座と定められ、「御修覆所(神社の建物の再建・修復などは全て幕府が賄う)」となり、元禄7年(1694)・嘉永3年(1850)の2度の社殿の焼失の際には時の将軍の命により再建が行われる等、徳川将軍家の庇護を受けました。 
イメージ 25
時代は明治に移り、同元年(1868)11月には明治天皇様が、新都・東京の安寧と国家の繁栄を御祈願されるために当社を含んだ都内の十の神社を「准勅祭神社」と定められ、御勅使が御参拝になられ御祈願をされました。
イメージ 24
大東亜戦争の折は、当社は幸いにして戦火を免れましたが、社殿の老朽化が進み、昭和39年(1964)氏子各位のご協力により現在の社殿が再建されました。』
イメージ 22
イメージ 23
古地図では天王社のすぐ裏手が東海寺。現在も品川神社裏手には板垣退助及び一族の墓石があり、墓石の隣に佐藤栄作の筆による「板垣死すとも自由は死せず」の石碑があります。江戸品川御殿山は開花が早く海辺に近い桜の名所として人気があり、また、長州藩士による英国公使館焼き討ち事件の現場でもあります。
イメージ 21
手水舎に河童がいました。
イメージ 18
イメージ 19
イメージ 20
陶製狛犬。
イメージ 16
イメージ 17
社殿前の狛犬。
イメージ 14
イメージ 15
神楽殿。
イメージ 13
寶物殿。
イメージ 12
祖霊社。
イメージ 11
恩賜養老杯碑。
イメージ 10
祝八名勝入選。
イメージ 9
左は『千客萬来 商売繁盛』、右には『大いなる 希望に歩め 春立つ日』立春初詣東海七福神めぐり発祥の碑。
イメージ 8
品川ネギとカブ。
イメージ 7
『品川は江戸湾に面し、中世以来の港町、宿場町として栄え、町をささえる漁業や農業も盛んでした。とくに、農業は、目黒川、立会川流域の低湿田地帯と荏原台地に広がった畑地で、年貢のための稲作を中心に麦や雑穀を作る粗放的農業が行われていましたが、野菜は荏原郡の中でも最も早く産地として発展しました。江戸にネギが入ったのは天正年間(1573-92)に大阪方面からの入植者によって、砂村(現在の江東区)で栽培されたのが始まりですが、品川も同じで、入植者が持ち込んだネギの栽培は品川宿の周辺から広がり「品川ネギ」として産地化しました。また、文化元年(1804)に著された「成形図説」には越冬用漬物として栽培された長カブ「品川カブ」が記され、天保14年(1843)の「東海道宿村大概帳」によると、品川ネギ、大井ニンジン、戸越のタケノコが名産として記されています。その後、江戸市中へ出荷する野菜の生産地は江戸市街地の発展により、大井、大崎地区を中心に移っていきました。』
イメージ 6
品川拍子。
イメージ 5
品川神社文書。
イメージ 4
品川神社石造鳥居並水盤・品川神社石造燈籠・神輿一基。
イメージ 3
包丁塚。
イメージ 1
イメージ 2

ブログ村ランキング参加中