イメージ 4

イメージ 19
通称もみじ谷と呼ばれている有名な場所。
イメージ 5
イメージ 8
イメージ 9
特にもみじの季節になればカメラマンに大人気のスポットでさくらを凌ぐ美しさです。
イメージ 10
イメージ 11
鶴の坂と呼ばれているのは坂上に鶴の松(アイグロマツ)があるからでしょう。
イメージ 12
イメージ 17
イメージ 18
こちらの地図には現在のもみじ谷と同じ経路の坂道が描かれており、しかもスキー場とあります。
イメージ 6
イメージ 7
そういえば、80歳でエベレスト登頂に成功した三浦雄一郎さんは弘前城のすぐそばに住んでいたそうで、弘前公園内の坂を滑っていたらしいです。
イメージ 14
急斜面の石垣を登っては氷におおわれた堀を目がけて滑降の練習をしたとか。もしかしてこの辺りなのかな。ここなら蓮池に突っ込めます(笑)
イメージ 13
もみじ谷の横には天守跡(本丸未申櫓跡)、そしてもみじ谷を上がると御馬出です。
イメージ 21
イメージ 23
この石垣の上にはかつて5層の天守閣があり、焼失後は隅櫓が建設されました。
イメージ 24
元禄7年(1694)に石垣を修復した際に、不動明王の梵字が刻まれた石が出土し、現在は最勝院に保存されています。
イメージ 22
坂下は埋門もあり、馬場に通じていたので、重要な通路だったことがわかります。
イメージ 15
イメージ 3
古地図では坂下に井戸が見えますが、現在は痕跡もないようです。
イメージ 16
イメージ 28
この辺りから水の音が微かに聞こえてきました。
イメージ 20
イメージ 2
イメージ 25
調べてみたら、上から流れてきて蓮池に繋がっていました。
イメージ 26
イメージ 27
イメージ 1
ブログ村ランキング参加中←クリック宜しくお願いします♪