イメージ 1
「ようせんじ」とも「えいせんじ」とも発音するようです。
イメージ 4
本尊は阿弥陀如来。もと耕春院末寺。開山は中山種。開基は不詳。
元々は新屋村にあったとされ、開基は文禄2年(1593)。
イメージ 6
寺伝によりますと、新屋村村民が金屋村の十津に同年草庵を建て、中山を庵主に迎えたのが始まりといいます。後に寺に改めて耕春院の末寺となりましたが、戦火に見舞われて焼失。金屋村に屋敷を構えていた森内左兵衛繁吉が再興し、元和元年(1615)頃に弘前城下に移転。このため森内左兵衛を開基にあてています。
イメージ 5
正徳元年(1711)の寺社領分限帳によりますと、山号は新屋山となっており、慶長年間(1596-1615)に現在地へ移ったとされます。
イメージ 8
津軽一統志や津軽俗説選でも山号は新屋山となっており、正徳年間以降江戸時代末期にかけては新屋山と号していたと思われます。
イメージ 7
新撰陸奥国誌によりますと、山号は金谷(ママ)山となっており、鎮守堂には陀祇尼天を祀るとあります。
旧暦2月15日の釈尊涅槃の日には江戸時代から伝わる掛け軸「釈尊涅槃図」が公開されます。
イメージ 3
推定樹齢400年のオオモミジは弘前名木百選に指定。
イメージ 15
また、この木を詠んだ増田手古奈の句碑(「子等のとき登りしといふ花楓」)があります。
イメージ 14
水琴窟「永泉の雫」です。
イメージ 12
イメージ 13
常滑焼きのカメを埋め込み粋を極めた石工師木村健蔵氏の渾身の一作。
イメージ 11
仏足石です。
イメージ 10
ブッダの足跡を彫ったもので、仏像が制作される以前から、ブッダそのものを表現したものとして礼拝の対象とされてきました。
イメージ 9
仏足石の下には釈尊成道の聖地インドブッダガヤの近郊尼連禅河の砂が埋められています。
イメージ 2
ブログ村ランキング参加中←クリック宜しくお願いします♪