イメージ 1
ブラタモリ「江戸の食」でタモリさんがおっしゃっていたように神田明神は海を削った本郷台地のキワです。
イメージ 2
神田の地名のルーツは、神様の田んぼで、神社に捧げる田んぼがあったそう。
イメージ 3
近くにある清水坂はそれと関係する坂道なのかと思いましたが…
イメージ 4
イメージ 5
『江戸時代、このあたりに、名僧で名高い大超和尚の開いた霊山寺があった。明暦3年(1657)江戸の町の大半を焼きつくす大火がおこり、この名刹も焼失し、浅草へ移転した。この霊山寺の敷地は、妻恋坂からかんだ神社(神田明神)にかかる広大なものであった。嘉永6年(1853)の「江戸切絵図」を見ると、その敷地跡のうち、西の一角に島田弾正という旗本屋敷がある。明治になってその敷地は清水精機会社の所有となった。大正時代に入って、湯島天満宮とお茶の水の間の往き来が不便であったため、清水精機会社が一部土地を町に提供し、坂道を整備した。そこで、町の人が、清水家の徳をたたえて、「清水坂」と名づけ、坂下に清水坂の石柱を建てた。』
イメージ 6
ブログ村ランキング参加中←クリック宜しくお願いします♪