イメージ 7
深浦湊は津軽の日本海側で最も南に位置し、古くから蝦夷地と日本海岸・瀬戸内海方面とを結ぶ北国海運の寄港地です。
イメージ 6
江戸時代には松前航路と下北航路の分岐点となり、風待湊と木材(檜・杉・槻等)を上方へ積出す港として明治末まで栄えました。
イメージ 2
深浦駅の裏手(踏切を渡ってホームの向こう)にある坂道を上りました。
イメージ 17
こちらの地図を見たのですが「大字深浦」という文字で坂名が消されています。
イメージ 1
よって名のない坂というよりも本来の名前がわからなかった坂道です。
イメージ 18
人が一人歩けるくらいの細い坂道で、両脇には普通の民家が建ち並び、生活の音さえ聞こえてくる坂道です。この細さがいいですよねぇ。
イメージ 15
この坂道を上りきって左へ向うと千年坂があります。
イメージ 16
千年坂。
イメージ 4
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
大湊もそうでしたが湊町の坂は海に向って下る方が景色も良くて気持ちいいですね。
イメージ 11
イメージ 12
但し千年坂は急傾斜地崩壊危険区域に指定されているようです。
イメージ 5
こちらは車も通れる坂道です。
イメージ 13
イメージ 14
坂下に何やら不思議な塔が見えてきました。
イメージ 3
成田石材店の商品でした。
イメージ 21
観音様に小便をかける小便小僧。
イメージ 20
キュートな三猿像もありました。
イメージ 19
ポチッとクリック宜しくね♪
https://localeast.blogmura.com/aomori/