イメージ 6
青空広場から座頭石山頂を目指す途中に神社があります。
イメージ 7
昔は『おがみ神社(漢字は高おかみ神・闇おかみ神などに使われる字)』だったといいます。
イメージ 8
つまりおがみ神社は竜神信仰で、竜神様の尾とされ、かつて尾神様として信仰され、改称した経緯まではわかりませんが現在は最上となっているようです。
イメージ 9
実際に大和沢川の上流の沢は尾神沢といい、竜の尾にあたり、川の流れは胴体で、貴船神社の池などは頭となります。
イメージ 14
イメージ 10
竜蛇は地表を走るばかりではなく、水のように地中に潜り、自由自在に頭を出します。
イメージ 11
弘前市内(中野、富田、清水森、大清水など)には大和沢川の伏流水が数多くありますが、これらが竜の頭にあたるわけですね。
イメージ 13
イメージ 15
以下、参照記事。
イメージ 1
すごく小さくてキュート過ぎる狛犬。
イメージ 12
イメージ 17
拝殿の横や本殿の裏にも磐座!!
イメージ 21
本殿と座頭石。
イメージ 16
イメージ 18
この一帯の巨石は恐らくすべて依り代で、注連縄は紙垂の間に赤唐辛子〆の子がいっぱいあります。
イメージ 19
座頭石へ向かう道沿いや近くの馬頭観音もすべて磐座に唐辛子注連縄。座頭石の名のままに巨石信仰を伺わせます。
イメージ 20
赤唐辛子は魔除けの意味がありますよね。
イメージ 22
せっかくなので山頂まで行ってみました。
イメージ 2
大きな松。
イメージ 3
イメージ 4
座頭石は景勝地と言われますが木々が邪魔で景色はいまいちでした。
イメージ 5
ポチッとクリック宜しくね♪
https://localeast.blogmura.com/aomori/