イメージ 23
東京都新宿区歌舞伎町。御祭神は宇賀能御魂命、鬼王権現(月夜見命・大物主命・天手力男命)、旧大久保村の神々(火産霊神等)。
イメージ 24
承応2年(1653)に戸塚の諏訪神社境内の福瑳稲荷を勧請したもので、天保2年(1831)に当地の百姓田中清右衛門が熊野から勧請した鬼王権現(宝暦2年(1752))を合祀した神社。
イメージ 28
イメージ 29
イメージ 30
平将門の幼名が「外都鬼王」「鬼王丸」といったことに由来するとの伝承もあります。
イメージ 32
江戸時代から豆腐を奉納し、豆腐を食べない豆腐断ちをし、授与された「撫で守り」で患部をなでると湿疹・腫物に特効があるとされたらしいです。
イメージ 36
イメージ 37
嘉永6年(1853年)に二尊院が火事に遭い、鬼王神社社家の大久保氏が恵比寿像を自宅に遷座。
イメージ 35
後に当社の境内に祀りなおします(境内社三島神社)。
イメージ 33
イメージ 34
明治27年(1894年)に古来よりこの地にあった浅間神社を稲荷鬼王神社に合祀。
イメージ 26
イメージ 27
昭和初期から40年代の映画ポスター等がたくさん展示されていました。面白いことしますね♪昭和初期に神社の隣に大久保館という映画館があったようです。
イメージ 1
鬼王神社の水鉢。
イメージ 22
『文政年間(1818-1829)の頃制作されたもので、うずくまった姿の鬼の頭上に水鉢を乗せた珍しい様式で、区内に存在する水鉢の中でも特筆すべきものである。水鉢の左脇には、区内の旗本屋敷にまつわる伝説を記した石碑があり、これによると、「この水鉢は文政の頃より加賀美某の邸内にあったが、毎夜井戸で水を浴びるような音がするので、ある夜刀で切りつけた。その後家人に病災が頻繁に起こったので、天保年間(1833)当社に寄進された。台石の鬼の肩辺にはその時の刀の痕跡が残っている。…」とある。この水鉢は、高さ1m余、安山岩でできている。』
イメージ 20
鬼コみたいですねぇ。
イメージ 19
隣には井戸。
イメージ 18
三島神社(恵比寿神社)。
イメージ 15
御祭神は事代主命。
イメージ 16
新宿山ノ手七福神。
イメージ 17
恵比寿神社の水琴窟。
イメージ 13
『この水琴窟は平成16年(2004)3月に第16代宮司に大久保直倫氏が就任し、これを祝い氏子が恵比寿神社参道にある、手水に水琴窟師田村光氏に依頼し建設致しました。埋蔵されている甕は常滑焼です(稲荷鬼王神社拝殿脇の天水琴の甕は石州甕です)。
イメージ 14
手水鉢の水を柄杓ですくい左下方の紐の巻かれた石を目印に少しずつお掛け下さい。地中から弦を弾く様なかすかな響きが聞こえてきます。滴が作り出す、可憐で、聴くたびに不規則に変化する余韻が耳の奥にしみこみ人の心を包み込みます。竹筒に耳を近づけて聴いてみて下さい。』
イメージ 12
稲荷鬼王神社の天水琴。
イメージ 10
『水琴窟の由来は小堀遠州の考えた、つくばいの排水装置、洞水門と言われています。後に江戸期の庭師が水琴窟の名で音を楽しむ事を兼ねた装置として各地に作りましたが、残念な事に時代と共に忘れられた存在となりました。当社では往時の雅をしのび、平成16年11月3日に水琴窟師田村光氏により雨水を利用した水琴窟、天水琴を建設致しました。大神様のおわします社殿の屋根からの雨水を大きな甕に溜め、少しずつ水琴窟に注いで、音を奏でる仕掛けになっています。耳を澄ますと、地中から弦を弾く様な、かすかな響きが聴こえてきます。滴が作り出す、可憐で、聴くたびに不規則に変化する余韻が耳の奥にしみ込み人の心をつつみこみます。竹筒に耳を近づけて聴いてみて下さい。尚、つくばいの水は雨水ですので飲めません。』
イメージ 9
浅間神社(御祭神は木花開夜昆賣命)・西大久保富士は裏参道入口にあります。
イメージ 25
イメージ 3
昭和5年に浅間神社を再興し築かれたもの。
イメージ 5
イメージ 4
イメージ 7
2つに分断されており(昭和43年の社殿再建の際に二分)、小さくて登れない富士塚ながら、造りは細かくアイテムが揃っており、かなり見応えがありますよ。
イメージ 6
一部紹介。参明藤開山。
イメージ 2
御胎内。
イメージ 42
泉瀧。
イメージ 41
大沢崩れ。
イメージ 40
5合目。
イメージ 39
6合目。
イメージ 38
南無妙法蓮華経の石碑と7合目。
イメージ 31
8合目。ハァハァ(゚д`*) 
イメージ 21
9合目。ハァハァハァ(*゚Д`;)
イメージ 11
(ノ*゚Д゚)ノ<日本の夜明けぜよー!
イメージ 8
ポチッとクリック宜しくね♪
https://localeast.blogmura.com/aomori/