イメージ 2
弘前市大清水、ゲーム倉庫弘前店から取上方面に向って陸橋手前の分岐点に石碑がありました(地図の青い点)。
イメージ 1
追分石か庚申塔かと思ったのですが「伊吹山太右衛門墓」と書いてありました。お墓なのかー!
イメージ 13
そのすぐ横の蔵の前には地蔵堂。
イメージ 23
イメージ 28
イメージ 29
イメージ 30
そしてその隣に稲荷神社の一の鳥居があります。っていうか、こんなところに神社あったっけ?!
イメージ 32
石碑には明治33年の文字。
イメージ 31
ここから参道を進んで行きますと…
イメージ 3
いきなり踏切!!何やら普通に線路も通れるようになってはいますが、看板には立入禁止の文字。
イメージ 4
ちなみにこの赤い線が参道。地図上で上から下に向っています。
イメージ 14
厄介な参道です(笑)
イメージ 5
そして踏切の向こうは森となっており、鳥居が続いているようです。
イメージ 6
回り道をしてようやく辿り着く稲荷神社。それでもこのように参道が残っているのは凄いことかも知れません。
イメージ 7
宵宮も行なわれるので、この稲荷神社本殿の存在を知っている方は多いと思いますが、一の鳥居や厄介な参道を知っている人は少ないかも知れませんね。
イメージ 8
拝殿新築祈念碑。昭和34年7月15日大清水町會一同とあります。
イメージ 9
御神木。
イメージ 11
御神木にゴミを捨てたらダメですよっ!
イメージ 10
庚申塔など。
イメージ 12
イメージ 22
御祭神は倉稲魂命。
イメージ 24
大清水村は元禄3年には堀越組に属しており、村位は下。
イメージ 26
地内上稲森に当神社があり、国誌によれば明治初年には取上村に一時的に遷座していたといいます。
イメージ 27
赤が眩しい本殿。
イメージ 21
イメージ 25
稲荷神社から10mほど離れた小高い場所に馬頭観世音がありました。
イメージ 16
イメージ 18
今は道路で分断されていますが、かつては同じ境内だったのでしょうね。
イメージ 17
イメージ 19
イメージ 20
馬頭観世音の丘から見た稲荷神社本殿。
イメージ 15
ポチッとクリック宜しくね♪
https://localeast.blogmura.com/aomori/