代官町辺りから和徳まで散歩してみました。
イメージ 34
昭和10年古地図。
イメージ 24
「矢川写真館」。
イメージ 32
「Since 1880」の文字が見えます。
イメージ 31
「いしたフランセーズ」。
イメージ 30
大正14年創業の青森県内で最も古いパン屋。
イメージ 29
「ファッションハウスYOU」。
イメージ 28
「菊池甘栄堂」。
イメージ 26
イメージ 27
一昔前の街並み。今とあまり変わりませんが秋田銀行の向こうに見えるタケダスポーツのビルが巨大です。
イメージ 25
昭和10年古地図では「竹内商会」、「新岡米穀店」などが現在も残る店として記されています。その他、「玉田酒造店」、「川越菓子店」など様々な店が建ち並び、角には銭湯がありますね。
イメージ 35
竹内商会は老舗ながらも、ルイガノ等のオシャレなトップブランド自転車を販売している人気店です。
イメージ 36
昭和10年古地図にも見える山形商店の建物。
イメージ 22
「ッポロビール」!
イメージ 21
隣の武井旅館。
イメージ 20
その向かいには古地図には無いですけど…
イメージ 41
「打越歯科」と、弘前生まれの少年ならば必ず一度は訪れると思われる「ニシムラ模型店」。
イメージ 11
「村元薬局」。
イメージ 13
「越前屋漆商店」。
イメージ 37
「角長(フォルトーナ)」。
イメージ 16
イメージ 17
向かいのツシマ輪店や三忠食堂も現役ですね♪
イメージ 18
イメージ 19
「太田印房」は明治28年創業ですが古地図にはありませんね。
イメージ 15
場所が今と違うのでしょう。
イメージ 14
さてと、再びローソンまで戻り…
イメージ 39
イメージ 38
イメージ 40
ローソン横には和徳町標柱。
イメージ 10
近くの小路を入れば茶畑町になります。
【茶畑町(ちゃばたけちょう)】標柱。
イメージ 5
「寛政12年(1800)の弘前分間大絵図に武家屋敷が配置されており、町名は屋敷割がされる以前に、茶畑があったことに由来するといわれる。幕末に町割の変化が見られ、文久3年(1863)には、江戸で勤務していた武士を帰国させるために長屋が建設された。 」
文久年間には儒学者で洋学も学んだ弘前藩の代表的学者兼松成言(号は石居)の寺子屋麗沢堂がありました。
イメージ 4
「木村商店」など。
イメージ 2
イメージ 8
イメージ 9
「岩谷商店」。
イメージ 3
「仏壇 川村」。
イメージ 43
創業明治!
イメージ 44
「山中金物店」「竹与商店」「瓜田飴店」。
イメージ 42
イメージ 6
かつては賑やかな商店街だったんでしょうね。
イメージ 7
ある地図を見ていましたら弘前市田町の熊野奥照神社裏手付近に『和徳讃岐守之墓』という文字が見えたので向ってみました。
イメージ 1
この辺りにあることは以前より知っていたのですが、実際に行ったことがなかったのです。
イメージ 23
墓は大変立派なもので、すぐに見つけることができました。お供え物もあり、大切にされているようです。場所は一言で言うと銘茶の玉雲堂隣です。
戦死後350年にあたる大正10年10月5日に旧和徳村の60余名の寄付で建立。熊野奥照神社社司林春之進と常源寺住職谷山了玄が発起人。
イメージ 33
yuki散歩 part3」※「小野金商店」、「保村打刃物製作所」、「代官町標柱」など。
イメージ 12
ポチッとクリック宜しくね♪
https://localeast.blogmura.com/aomori/