一見何でもないものがYUKIさんの目を通すと面白く見えてくるブラユキ写真館のお時間です。

まずはこちら。
イメージ 1
この神社は小高い山の頂上にあるのですが、その入口には登れない人の為に丁寧に賽銭箱が設置されております。しかしこれは賽銭箱というよりどう見てもポスト!
イメージ 2
そして何が恐ろしいかって、ポストの覗き穴がなぜかトイレマークで塞がれているんです(笑)
イメージ 13
淡嶋神社 (淡島神社) 」の記事はこちら。

浅草と言ったら…藤の名所飲食店街「初音小路」。
イメージ 14
「酒は大関・男は黙ってサッポロビール」…どっちにすればいいんだ(笑)
イメージ 15

正しいガードレールの使用法。
イメージ 16

ブラタモリでもやっていましたね…下町と世田谷の違い…世田谷の人は自分の庭から枝や葉が私道にでないように綺麗に剪定するのに対して、下町の人は私道に植木鉢を並べます。
イメージ 17
実はこの下町の風習は江戸文化の名残。

秋田県のなまはげ館付近の街灯はなまはげが灯りを照らします。
イメージ 18

このように道端にある看板は、毎年営業マンが直接お店に来て契約し、看板を回収・更新するのですが、たまに長年放置されたままの看板があります。
イメージ 19
弘前進学スクールも弘前学習塾も今はありませんが、受験戦争時代には学生で溢れていました。ちょうど塾と塾の間に満来があり、安くて大盛り満来飯で一気に有名店になりました。マルエス富田店の建物だけは今も存在しますが、マルエス閉店後は色々な店が入れ替わり、現在は廃墟状態。
イメージ 20
ありましたねぇ…ワインショップ佐之助!向かいは富田温泉(現在アパート)でした。

旧相馬村にあった宝くじ売り場です。周囲には見渡す限り、山と田んぼしかありません。
イメージ 3

大湊のとある坂の途中で見かけた車。もう上ることも下ることも許されない状況です。
イメージ 5

サントリーオールド(愛称:ダルマ・タヌキ)の立体看板。何となく昭和を感じるお酒ですよね。昔は鍛治町でも定番のお酒でした。
イメージ 4

五所川原市神山付近にあった食堂廃墟。結構重厚な造りをした立派な建物でした。
イメージ 6
看板が一つ抜け落ちて名前がわかりません(笑)

うちのタマ知りませんか?弘前の現役喫茶店です。
イメージ 7
未だにタマは見つからないようです。

煙の出ない焼肉ジャンジャン!
イメージ 8

小学生が作ったであろう看板。「横断歩道では車に注意しましょう!」ってことでしょうね。
イメージ 9
しかしこちらはどう見ても「こういう目つきの人に注意しましょう!」といった雰囲気。
イメージ 10

ジャイアント馬場さん。
イメージ 11

最後に珍しくブログに公告を掲載しておきます。
イメージ 12