イメージ 17
乳井古館の北西に位置する半島状の尾根先端にあり、2つの郭で構成。
イメージ 6
イメージ 12
山城。戦国期、津軽為信が使用した城館。
イメージ 7
天正7年(1579)に安東氏の命を受け、鹿角路から比山兄弟が津軽に入り、砦主出町豊前を追い出して占領しましたが、津軽軍(大浦勢)の間で戦いが起こり(六羽川合戦)、南部軍(比山勢)は大館に退去。
イメージ 18
イメージ 15
さて、入口には曹洞宗盛祥院があり…
イメージ 2
その近くにこのような案内看板がありますよ。
イメージ 1
そこからしばらく登り道です。
イメージ 11
イメージ 8
何やら見えてきました。
イメージ 9
草木でできたトンネル。
イメージ 10
イメージ 13
イメージ 14
乳井茶臼館城跡。
イメージ 20
本丸跡になります。
イメージ 19
現在は眺めのいい展望台です。
イメージ 21
イメージ 3
大鰐弘前ICがよく見えます。
イメージ 22
イメージ 4
イメージ 5
※乳井城(弘前市薬師堂)
平山城。築城不明。
乳井神社の北方にある集落が城跡。東西の2郭からなり、その間に2本の空堀があったと言います。明治20年に西郭のほぼ中央を県道が開通し変貌しましたが、東には堀コと呼ばれる場所があります。
イメージ 16