二代目古坂です。初代は現存しません。
イメージ 5
藤田記念庭園の庭木が美しく坂周辺を彩ります。
イメージ 1
イメージ 9
庭園の手入れが行き届いている分、特に湾曲が美しいです。
イメージ 6
坂上には近代建築の担い手である堀江佐吉の子孫が設計・施工した洋館を正面に伺えるのもいいですね。
イメージ 4
イメージ 10
イメージ 11
また現在の新坂との分岐に立てば、私がこよなく愛する坂道…日無坂&富士見坂を僅かながらに彷彿させてくれます。
イメージ 12
イメージ 13
いや…比べてみれば全然違いますね(笑)大袈裟過ぎました。ちなみに下が日無坂&富士見坂。
イメージ 14
慶長八年(1603)に弘前(当時の高岡)の町づくりが開始され、同十六年(1611)弘前城が完成する津軽藩政時代初頭、上町と下町は、亀甲紺屋町街道と新町坂(荒町坂)とで結ばれていました。
イメージ 16
また、当時の御馬屋へは城内からの通行により出来ず、現在の市民会館裏から御馬屋へ抜ける西坂と呼ばれた坂を利用していました。荒町坂と西坂がメインで使用されており、現新坂、古坂は存在せず。
イメージ 3
その後、馬屋町となり、四代藩主信政の時に現在の新坂から土塁よりに古坂(現存しない)が造られ、延宝五年(1677)以降の各絵図にはこの坂が記されています。
イメージ 2
更にいつ造られたか定かではないものの、当時の新坂(現在の二代目古坂)が古坂に替わり造られます。
イメージ 15
現在の新坂は、明治三十九年から工事が実施され、幾多の問題を抱えながら大正初期に完成。以来、この新坂は、それまで下町への主要道であった新町坂に変わり本通りとして市民に利用され親しまれています。
イメージ 8
現在の新坂との勾配の違いを感じることもできます。
イメージ 7