イメージ 1
弘前市の配水池は23箇所(42池)あり、総有効容量は48,209です。
主な配水池としては、常盤坂配水池(二層式12,000:1池)、原ヶ平配水池(4,000:3池)、富士見台配水場(7,000:1池、8,000:1池)で、これら3箇所の合計有効量は39,000と全体の約80%。
こちらは富士見台。
イメージ 2
イメージ 3
常盤坂配水池を見てしまうと…どうしても小さく見えてしまいます(笑)
イメージ 4
でも遠くから見るとそこそこ存在感ありますよ。
イメージ 5
常盤坂配水池と比べたらダメだけど、大切な施設なんです。この辺りを歩いているとその高低差で「富士見台」という住所名も理解できますねぇ。