仁王坂と仁王坂改作記念碑です。
イメージ 1
仁王坂の上には仁王門があります。こちらは旧仁王門と言われています。
イメージ 2
イメージ 10
門は閉ざされていて、お猫様以外は自由に通ることができません。
イメージ 11
現在はこちらを通る形となっていますね。
イメージ 16
反対側から見た仁王門。
イメージ 18
イメージ 19
こちらの新仁王門は皆様にお馴染みです。
イメージ 12
金剛力士像は岩木山旧百澤寺の山門に安置されていたものと伝えられています。
イメージ 13
イメージ 14
さて、最勝院は神仏分離令(1870年、明治3年)のからみで、旧大圓寺(本堂は現護摩堂)を受け継いでいるわけですが、こちらの旧仁王門が旧大圓寺の正面玄関となります。
イメージ 15
旧大圓寺の正面玄関であった旧仁王門と仁王坂。時代の変遷と共に信者は駐車場の有る新寺町口より、檀徒は車道の有る銅屋町口より参拝するようになったそうです。
イメージ 3
岩木山も見えず、墓所もあり、やや暗くて細い坂ですが、歴史を感じる石段が非常に趣深いですよね。
イメージ 4
坂上より。
イメージ 5
イメージ 6
さて、古地図を見てみましょう(笑)
イメージ 17
境内への道筋として現在も残る4つのルート。地図の「・・・」は坂です。
イメージ 7
仁王坂を上って、旧仁王門を潜り、太子堂の横を抜ければ旧本堂。境内へのルートこそ4つありますが、立派に門が描かれている入口は1つだけ。まさに正面口だったことを示しています。
イメージ 8
昭和10年の地図は…
イメージ 9
大円寺の宵宮が本尊牛頭天王尊の御縁日ならば、こちらの仁王坂を上り、旧仁王門から参拝してみたいと思うYUKIでした。