くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

『大物忌神社一ノ鳥居 ・ 大泉坊長屋門(遊佐町)』、『出羽國一之宮 鳥海山大物忌神社(蕨岡口之宮)』からの続きです。社殿は南面して建立。かつては大堂とも称されました。鳥海山大物忌神社蕨岡ロノ宮本殿(国登録有形文化財、平成19年10月2日登録)…『本殿は、桁行三間 ...

『大物忌神社一ノ鳥居 ・ 大泉坊長屋門(遊佐町)』からの続きです。今回は二之鳥居からの紹介です。鳥海山大物忌神社(蕨岡口之宮)の鎮座地は山形県飽海郡遊佐町上蕨岡松ケ岡。宿坊集落の面影を残している上蕨岡地区(通称上寺)の中央になります。江戸期からの蕨岡上寺村 ...

山形県飽海郡遊佐町大蕨岡村前。大物忌神社一ノ鳥居前石段と石灯籠。一ノ鳥居。W坂と呼ばれる車道が造られる前はここから499段の石段を経て上寺に至りました。現在は二ノ鳥居前まで車で行くことが可能です。まったく先が見えません。途中にあった門の建物。宿坊の遺構かな? ...

平川市尾上栄松。山門。天台宗朝日山浄土寺。御本尊阿弥陀如来。天台宗猿賀山神宮寺末庵。過去帳によりますと、貞享3年、権西上人が創立。代々弘前報恩寺の隠居寺でしたが、明治9年(「南津軽郡是」では明治11年)に25代の小林道源和尚が朝日山浄土寺としての寺号を許可され ...

弘前市大沢寺ケ沢。鳥居。石段。鳥居。前回の記事:『八幡宮などなど (弘前市大沢)』ここだけ小さな山のようになっており、立派な木々も生えていて異空間です。タイムスリップしたような空気感。石塔群。猿田彦大神、月夜見大神、天鈿女大神(昭和11年旧4月18日)。以下、 ...

弘前市独狐石田。私の地図には鳥居と「愛宕山」とのみ記されています。独狐は戦国期に見える地名。鼻輪郡のうち。天文年間の津軽郡中名字に鼻輪郡のうちとして独狐と見えます。笹森館内の墓地に正和5年銘の板碑あり。江戸期以降は独狐村の村名。津軽郡鼻和庄のうち。弘前藩領 ...

岩手県二戸市金田一下平道ノ上。目と長寿の神様と言われています。元文元年(1736)、一戸の廣全寺が大阪京橋に注文したお地蔵様を、八戸経由(海路太平洋、八戸港から陸路。)で一戸町の廣全寺まで運ぼうとしましたが、金田一に着いたところ(金田一昔の旧道(現在の馬場の ...

秋田県男鹿市北浦。曹洞宗北浦山雲昌寺。寺前の市道は道幅が狭いため、開花期には車での進入禁止。寺の裏手の道路沿いに約30台の駐車場があり、その他、あじさい期間中は鈴木金栄堂本店近くの賀茂川沿いにも駐車場があります。入口からあじさいだらけ。ポスターって多少盛っ ...

青森県三戸郡五戸町上市川赤川々原。上市川中央のバス停前。庚申塚(享保■年2月11日)。狛犬一対(安政5年6月11日、西川屋惣吉世話人肝入六助)。西川屋惣吉は五戸の住人。天保年間の分限者で鈴木姓。江戸期以降の上市川村についてです。江戸期~明治22年の村名。元和4年の ...

山形県飽海郡遊佐町大字北目字家の前。私のナビでは「劔龍神社」と表示されます。神社入口付近にある石塔群。庚申塔(天保13年壬寅5月吉日、邑中安全)。庚申塔(明治44年3月22日)。こちらは読み取れず。庚申塔の横。地蔵尊かな。布で判断できず。横の石塔には「南無阿彌陀 ...

弘前市坂元字山元一。真言宗智山派護國山観音院久渡寺。久渡寺本尊聖観世音菩薩、正當三十三年ご開帳。昨年の予定が新型コロナウイルス感染拡大により延期されていたため、拝観券も令和2年のままになっていました。由緒等は以前の記事を参照ください。『護国山 観音院 久渡寺 ...

平川市町居。駐車場でいきなり四つ葉。訪れたのは6月中旬くらい。ローズシーズンです。過去の記事『Garden 大きなくりの木の下で』※コスモスシーズン2019『Garden大きなくりの木の下で (平川市)』※ローズシーズン2020大きなくりの木(樹齢500年)。ガーデン内でも四つ葉 ...

入口には鳥居はありませんが案内板があります。上吉田正一位稲荷神社由来(案内板より)…『建立:元治元年(1864年、江戸時代)。祭神:稲倉魂命(穀物の神)・毘沙門天(別名多聞天王、財福の神)。ご利益:満願成就(家内・交通安全、学業成就、入試合格)。祭礼:1月2日 ...

八戸市市川町字北雷平。多賀台団地がある丘の東麓。浄土宗市川山願成寺。御本尊阿弥陀如来。下市川村は五戸川の下流域に位置し、北端を奥入瀬川が東流。東は太平洋に面します。五戸川は市川とも別称され、当村の上流に上市川村があります。盛岡藩領五戸通に属す元和4年の南部 ...

八戸市市川町字橋向。かつての下市川村で、五戸川下流域に位置し北端を奥入瀬川が東流。東は太平洋に面します。五戸川は市川とも別称され、当村の上流に上市川村があります。永仁5年の五戸郷検注注進状に「いち河」「ととろき」とあります。盛岡藩領五戸通に属す元和4年の南 ...

青森県八戸市大字市川町堂ノ下。鳥居(平成14年12月15日建立)。御神木と手水石。手水石の紀年銘は明治20年1月吉日。正面に4名の奉納者名を刻みます。五戸川を挟んで堂ノ下と橋向に同名の神社が鎮座しております。更に当神社は奥入瀬川と五戸川に挟まれた下流域にあります。 ...

青森県むつ市田名部南椛山ノ内稲荷林。樺山そばの近くです。国道279号線沿い(はまなすライン)。Googleでは田名部宮後と記されるかも知れません。狛犬一対。石灯篭一対(昭和11年旧7月15日)。御祭神は伊弉冉命。例祭日8月15日。元文4年 (1739) 勧請と伝えます。※天文4年( ...

弘前市大沢下村元。曹洞宗金光山(松峰山)寶澤寺。昭和31年に寺号を取得するまでは寶澤庵という庵寺でした。由緒については不明ですが、貞享2年弘前西茂森の耕春院(現宗徳寺)の弟子一人が庵を結んだのが最初と伝えます。その後、曹洞宗のほかに浄土宗、真言宗の職が入れ代 ...

弘前市大沢寺ケ沢。前回の記事:『八幡宮などなど (弘前市大沢)』青森県環境指標植物(昭和51年6月5日指定)。エゾエノキ(樹高約20m、幹周約5.4m)。小祠。少々荒れています。棟札(明治28年6月2日・大澤中)によりますと八幡大神。  ...

秋田県秋田市広面字赤沼。太平地区への入口に当たり、手形山から金照山の間に太平川の形成する平地で、もと広い田園地帯。菅江真澄は地名を城面としています。「菅江真澄の道-雪見御殿跡」標柱より(※下部が破損してありません)…『「遠近の山のはつしほ野の千種さぞな雪見 ...

秋田市土崎港南3丁目。五輪坂。向かいに五輪下地蔵堂。五輪坂(五輪の塔の北側)に建っています。一般的な地図には「三吉神社」と掲載されていると思います。写真でもわかる通り、境内にはかなり数の石塔・石碑があります。多いのは庚申塔。正一位木曽吉山三吉大神。三吉大神 ...

↑このページのトップヘ