くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

中野もみじ山が混んでいたので、勢いで城ヶ倉大橋まで行くも、あまりの寒さにすぐ退散して…浄仙寺へ。以前の記事。『浄仙寺 (黒石市)』『黒森山 浄仙寺 (黒石市)』紅葉。紅葉を楽しむも…最大の目的は…松楓亭のコーヒーと揚げたてドーナッツ。こちらも結構混んでいたの ...

2020年10月下旬。城ヶ倉大橋。約120mの高さから望む、ブナ、ナラ、カエデ、ダケカンバが彩る渓流の紅葉。城ケ倉渓流。市街地と違って、風が強く、雨も降ってきて…傘も無意味!冬のような寒さだったのですぐに退散しました。  ...

三戸郡五戸町根岸。根岸八幡宮(五戸八幡宮)。通称「根岸の八幡さま」。青森県立五戸高等学校の近くです。八幡宮入口の老松の下に墓石(①根岸山十六世天徳山開山権大僧都 常善院覚重法印 文政七年三月十一日②当院七代 従目至果権大僧都 実法院永法師 文政七甲申年十月十六 ...

青森県青森市浪岡高屋敷野尻。高屋敷館遺跡。西に国道7号線、東に大釈迦川。高屋敷村天和絵図写。国道七号バイパス迂回に伴う「賽の河原」移転経緯…『【一、賽の河原の由来】賽の河原は、小児が死んでから苦しみを受けるとされる冥途にある三途の川原であり、石を拾って父母 ...

青森県青森市浪岡高屋敷野尻。西に国道7号線、東に大釈迦川。中々広大な駐車場があります。駐車場から全体を見渡せます。「国指定史跡高屋敷館遺跡」標柱(文部科学省指定平成13年1月29日、建立平成30年11月30日)。史跡高屋敷館遺跡…『高屋敷館遺跡は、平安時代の環壕集落 ...

十和田市相坂白上。鎮座地はかつての大坂村。相坂村とも書きます。盛岡藩領。五戸通。藤坂村誌によりますと、江戸初期には「北左エ門佐殿知行所大坂六日町」とあり、北家の所領がありましたが、慶安年間頃から苫米地氏が知行を有するようになりました。天明3年の御蔵高は172 ...

十和田市大字沢田和野。国道102号線から生内川沿いを南下します。當所大権現の手前。當所大権現と勘違いして参拝したため詳細は不明です。當所大権現の由緒も不明ですが。手水石。正面から見るとそこそこきちんとした社殿に見えましたが…拝殿内は真っ暗で…そして天井が崩れ ...

青森県十和田市沢田和野。生内川沿い。国道102号線から生内川沿いを少しだけ南下した付近に鎮座。何かこの木が凄いことになっております。社殿。拝殿向拝。拝殿向拝神額。由緒等についてはわかりませんでした。  ...

秋田県大館市大茂内諏訪台。※鳥居向っての左の建物は大茂内会館。「浅利則頼侍分限帳写」に浅利家の家老野呂左馬允(佐馬助)は「茂内村居主」と記載。稲荷社・諏訪社・神明社を祀る諏訪台の台地上は居館址あったと見られています。天正11年則頼の子勝頼が秋田勢に謀殺され ...

青森県八戸市根城1丁目。かつて江戸への上り街道の起点となっていた場所で、長旅の安全、留守家族の安全、藩内の大漁、豊作を祈願する場所でした。案内板「桝形」(昭和55年3月)より…『藩政期の八戸には城下防衛の拠点として現位置に桝形、惣門町に番所がありました。桝形 ...

青森県八戸市大字沢里字上沢内。沢里村ですが、近世初頭は根城南部氏知行地で元和4年の南部利直知行宛行目録(南部家文書)に「沢里」とあります。村高は「元禄10年高帳」では八戸通村の枝村沢里として159石余(田80石余・畑78石余)、「旧高旧領」141石余。用水に白山川から ...

八戸市大字沢里古宮。この地区近郊は白山台(東白山台、西白山台、南白山台、北白山台)と呼ばれているようです。沢里村について…『馬淵川から南側の斜面に広がる地域で、長根リンク脇を流れる白山川(土橋川)が東側を北流する地域である。地名はこの地形から「川の流れる ...

青森県八戸市沢里古宮。古宮神社すぐ北方の羽仁記念館前バス停(羽仁もと子記念館八戸友の家)にあった社です。由緒等は調べておりません。かつて広大な社領を有していた正一位白山宮(白山神社)の末社と関係するのかもわかりませんでした。白山神社の説明によりますと「白 ...

八戸市櫛引清水林。県道134号櫛引上名久井三戸線。当神社についての由緒等は調べておりません。清水林という地名にも関連するものと思われます。櫛引は北流する馬淵川下流の両側に沿って位置。地内の字直渡からは縄文前・中期の土器、白椛遺跡(字白椛)からは同晩期の土器や ...

青森県平川市柏木町藤山。平賀駅前県道205号線沿い。ランチからみそラーメンとチャーシュー丼のセット。硬めのちぢれ麺にホロホロチャーシュー。何度か食べてると思いますが、たぶんみそラーメンしか食べたことないです。  ...

常連さんが多くアットホームな雰囲気のお店に感じました。写真はラーメン。シンプルな中華そば、好きです。  ...

青森県黒石市大字上十川長谷澤二番囲。長谷沢の上流地域の通称「獅子が沢」と呼ばれる場所。獅子が沢のしし石の近くです。上十川地区から黒森山、大川原方面に向かう大川原林道途中の湧水。主に地元住民をはじめ、山菜やキノコのシーズンに入山者が利用しているそうです。喉 ...

青森県黒石市大字上十川長谷澤二番囲。長谷沢神社方面から行く道と長坂会館付近から行く道(長坂-山派立線)があります。いずれも道は途中で合流します。黒森山(浄仙寺)方面からも行けそうに見えますが行けません。近くには獅子ヶ沢の清水もあります。※写真は道中の岩木山 ...

八戸市金浜塩竈。金浜漁港。漁港のすぐ横に鎮座しております。はじめ盛岡藩領、寛文5年から八戸藩領。安政初年の記録として塩釜1工とあり、「金浜崎二郷路崎と云有、同所二物見石有、同所に塩釜明神堂有」とあります。塩釜神社の南には近年まで2基の窯跡が存在したようです。 ...

青森県八戸市尻内町内矢沢。尻内はアイヌ語で「シリナイ」といい、「シリ」は川や沼の岸、「ナイ」は高い岸のある河川を意味し、湿地帯であったことを意味します。「チル・オチ」が語源で「鳥が群生するところ」という意味の説や、「シリ・ウツル・ナイ」から「シリ・ウツル ...

青森県八戸市大字河原木久保。髙館蒼前神社。小田八幡宮に向って左の坂を県道八戸野辺地線が上っていきますが、その坂を登りつめ、高館小学校の信号を右折、海上自衛隊の方へ200mほど進んだ左手に鎮座。事前の調べでは境内に市内で最も太いケヤキ(胸高直径約2m)が生育して ...

↑このページのトップヘ