くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

現在は神社前に国道104号線が通っており参道は分断されていますが、その先県道155号線まで道がほぼまっすぐに伸びており、かつての参道かと思われます。県道155号線側には特に鳥居や社号標等はありませんでしたが、あえて県道155号線から歩いて向ってみました。しばらく歩く ...

秋田県大館市赤石屋布。狛犬一対。昭和6年奉納(42歳年祝い・厄除記念)。台座には「昭和17年風倒木にて破損せり。昭和37年5月3日再建。赤石部落」とありました。御祭神は天照大神、大斗毛和気命、豊受姫神、月夜見大神、猿田彦大神、受持大神。例祭日は4月21日。由緒不明で ...

秋田県大館市豊町。曹洞宗松峰山宗福寺。比内三十三観音霊場第32番札所。御本尊釋迦牟尼佛。宗福寺…『大館初代城代小場義成公(のち三代城代義房より佐竹の姓を名乗る)の祖、小場義躬公が正平16年(1361)小場の城主(現在茨城県那珂郡大宮町小場)となり同所に万松山宗福 ...

青森県十和田市大字三本木千歳森。古稲荷神社とも呼ばれているようです。現在の三本木稲荷神社の起源となる神社です。近くには蒼前神社及び七郷稲荷神社(十和田市三本木間遠地)、大清水神社(大清水大明神/十和田市三本木北平)などがあります。土手山のケヤキも近いです ...

青森県八戸市湊町縄張。曹洞宗東圓山海安寺。新井田川河口右岸、湊地区の通称「ホロキ長根の高台」と呼ばれる丘陵にあります。御本尊は釈迦如来。北国八十八ヶ所霊場巡り第68番札所。竜宮門形式の山門。設計は寺院建築業界の泰斗といわれた八戸市新井田出身の中村松太郎氏。 ...

青森県八戸市大字湊町縄張。鎮座地は縄張ですが、名称はホロキ長根秋葉神社です。青森県内には母衣部(ホロベ)、母衣内(ホロナイ)、母衣月(ホロツキ)、母衣懸(ホロガケ)、幌内(ホロナイ)などの地名がありますが、カタカナのままの住所は珍しいですね。アイヌ語に関 ...

八戸市是川字西母袋子。母袋子峡谷についてですが、新井田川を上流からみると、島守地区から狭く蛇行する渓流に入りますが、ここは昔話の「島守の八郎太郎」に出てくる「島守もっこ」・「母袋子もっこ」と呼ばれる地点。「もっこ」は土などを運ぶ縄を網のように編んで4隅を木 ...

八戸市是川字東母袋子。母袋子は新井田川沿いを南下した場所にあり、かつて人を寄せ付けにくいと言われた大きな渓谷あります。母袋子はアイヌ語によるホロ(大きな)コッ(窪地)に由来します。是川の母袋子の山寺で、代々近太郎と称した阿部家に伝わる文書によりますと、寛 ...

青森県三戸郡五戸町倉石又重森ノ下タ。県道142号線沿い。弘法大師(沢内明人総代)。庚申塔(文政13年2月)。弘法大師堂。この地区の東西南北には蒼前神社、伊豆神社、虚空蔵神社、弘法大師堂があり、この4つの神社が住民を守護しているといいます。堂宇前は大正8年に谷間で ...

青森県県下北郡東通村目名。かつての目名村。村高は「正保郷村帳」63石余(田56石余・畑7石余)、「貞享高辻帳」79石余、「邦内郷村志」96石余(うち畑11石余)、「天保郷帳」96石余、「安政高辻帳」79石余、「旧高旧領」96石余。「邦内郷村志」では家数21、人数163、馬119 ...

西津軽郡深浦町深浦浜町。Googleマップでは深浦寅平。資料では7区・深浦字浜町・影川原町。石段を深浦町立深浦小学校グラウンド方面へ少し上ります。鳥居。俗称権現様。富士権現宮、富士神社とも呼ばれています。創建不詳なれど、宝暦元年(1751)、竹越久次郎が影の町に富士 ...

山形県酒田市中町。旧鐙屋の裏に鎮座。社号標「伊勢両宮社」(皇紀2600年記念)。境内社の光徳稲荷神社。石灯籠一対。手水石。狛犬一対(大工町・平成18年4月吉日)。御祭神は大日靈貴命、宇気持命。昭和51年10月29日に中町2丁目の映画館「グリーンハウス」からの出火が原因 ...

平川市文化センター2階ギャラリー。市文化協会主催。同市建設会社「桑田建築」代表桑田敏美さんが制作した15点を展示。12~13年前にテレビで段ボール製のテーブルや椅子などを見て「これなら自分にもできるかもしれない」と思ったのがきっかけとのこと。作品はスーパーやホー ...

青森県八戸市大字新井田館平。松館川が新井田川に合流する新井田地区の南側高台にある新田城跡に八戸市立新井田小学校の校舎があります。高台南側から校舎にかけては縄文時代早期や後期の遺跡である館平遺跡です。新井田小学校は明治9年10月に対泉院本堂及び衆寮を仮校舎とし ...

青森県八戸市大字新井田館平。新井田の地名の由来として、古い文書に新田、二井田という地名があり、新田を新井田と改めたという説。新田という開墾地の意味ではなく、新井田川流域に面し、大部分が低湿の荒地や谷地であったといいます。他の説としては豪商松橋孫助の家伝の ...

八戸市松館古里。根城南部氏の菩提寺とされた松館の福聚山大慈寺。糠塚にある同名の寺院と区別して「松館大慈寺」とも呼ばれております。福寿山大慈寺(八戸市長者)の末寺。入口の門の紀年銘は昭和34年12月吉日。※大慈寺の坂をそのまま東へと上っていくと、旧鳥屋部街道と ...

秋田県男鹿市北浦真山水喰沢。訪れたのは2度目。以前の記事は…と探してみたら、まだブログを始める前で、なまはげの街灯の写真1枚しかありませんでした。なまはげについての細かい説明は…今更のような気がしましたので省略します。それでは、ほぼ写真のみでご覧ください。 ...

『真山神社(男鹿市)』・『真山神社(男鹿市)~其之弐』からの続きです。柴灯場(柴灯まつり広場)にある神楽殿。鬼瓦…というよりナマハゲ。神楽殿向かって右側の神輿の説明「正徳四年(1714)秋田藩第四代佐竹義格公寄進の神輿」。神楽殿向かって左側の神輿の説明「佐竹 ...

『真山神社(男鹿市)』からの続きです。写真は神札所前にある丸木舟。手水石。神札所にあったなまはげ。かぶってもいいそうですが、コロナ禍でこれを付けるのは…ナマハゲよりも怖い。日本海域文化研究所・なまはげ柴灯まつり実施本部。タモさん。社務所。遺徳碑…『真山部 ...

秋田県男鹿市北浦真山水喰沢。写真は一之鳥居。第1駐車場トイレにナマハゲ。男鹿国定公園「真山」案内図。軽装&天候不良なので全部回るのは無理そう。真山・本山は「お山」とよばれて親しまれています。修験者の行道として開かれ、江戸時代には山掛け道として庶民の登拝も盛 ...

秋田県男鹿市北浦真山白根坂台。句碑「金剛童子堂」(侑子)。真山山麓にあたる真山集落の南端にある万体仏堂。以前は真山神社境内にありましたが、明治の初めに神仏分離令により現在地に遷されました。元は天台宗遍照院光飯寺(現在の真山神社)の金剛童子堂であり、宗教民 ...

↑このページのトップヘ