くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

東北地方の神社仏閣を中心に、歴史的建造物等々を適当に紹介しております٩(ˊᗜˋ*)و

秋田県能代市柏子所。すぐ近くには相染神社(河戸川相染森)も鎮座しております。社号標(平成9年9月吉日建立)参道。見晴らしがいいです。社殿の横に着きます。ちなみに社殿正面にも道があり、こちらが元々の参道のようです。途中まで降りてみましたが、荒れていて下までは ...

秋田県能代市河戸川相染森。すぐ近くには脇廼澤稲荷神社(柏子所)も鎮座しております。河戸川についてです。かつては川戸河とも記しました。米代川下流左岸、三頭・赤両沼の中間に位置。河戸川村は戦国期から見える村名で出羽国檜山郡のうち。天正19年正月吉日の豊臣秀吉が ...

岩手県盛岡市三本柳7地割。ふれあいランド岩手の北方、北上川の西方。一之鳥居紀年銘「平成16年8月吉日講中一同」二之鳥居。額束神額「奉納三代子神社」(昭和55年旧2月25日、吉田嘉太郎、吉田栄松)三本柳についてです。北上川右岸の平坦地に位置。江戸期の三本柳村は紫波郡 ...

秋田県山本郡藤里町藤琴鳥谷場。鬱蒼としていますがこの上まで登ります。あれ?少しだけ登ったら…建物がもう見えました!と思いきや…参道途中の地蔵堂でした。建物の脇に道が続いておりました。あっ!今度こそ見えました。まだまだ道は続きますが。到着。江戸期以降の藤琴 ...

秋田県山本郡藤里町藤琴藤琴。藤里町役場の隣。曹洞宗義峰山宝昌寺。御本尊釈迦牟尼仏。開創は寛永年間(江戸時代初期※嘉永2年の火災により詳細な年月日不明)。開山還安嶺州大和尚(本寺・鱗勝院四世※現秋田市)、寛文4年遷化。開基山口多治右ヱ門(太良鉱山管理職)、正 ...

青森県青森市浪岡大字女鹿沢東富田。赤茶の薬王院、浪岡高野山弘法大師堂(曹洞宗紫苑山薬王院)。浪岡京徳寺(現弘前市)の末庵。以前に女鹿沢の稲荷神社の記事で紹介した墓所。興味深かったので再び訪問。世界平和原水爆戦争禁止祈願之碑。「長慶天皇御聖骨霊前」、「青森 ...

岩手県紫波郡紫波町東長岡天王。土橋渡船場跡付近であり、すぐ近くの北上川沿いに架かる長徳橋に土橋渡船場の跡の碑があります。東長岡についてです。南流する北上川中流左岸、同川に注ぐ天王川流域に位置しており、西隣の西長岡に対応。字天王・上大平・林崎に縄文後期の遺 ...

秋田県山本郡藤里町藤琴。湯の沢神社(湯之澤神社・不動明王湯ノ澤神社)。銚子の滝(高さ18m)…『滝壷の周囲全体に丸みがあり、昔の徳利に似ていてその徳利に上から酒(滝の水)がそそがれているように見えることから「銚子の滝」と呼ばれるようになったと言われる。また、 ...

秋田県山本郡藤里町藤琴下湯の沢。藤里町歴史民俗資料館、雪中キャンプ場(旧藤里町営 藤乃瀬温泉旅館跡)、湯の沢温泉郷湯元和みの湯のすぐ近くです。北方には有名な田中の大銀杏(権現の大銀杏)や峨瓏峡もあります。湯の沢神社については別記事にしております。銚子の滝( ...

峨瓏の滝のすぐ上流にある峨瓏峡は、清流を中心に両壁は絶壁が続き峨瓏の意に相応しい絶景。峨瓏の滝から滝の沢林道を歩くルートで向かうと峨瓏峡の途中に白糸二段の滝があります。峨瓏峡隧道。11月の紅葉シーズンです。ちなみに峨瓏の滝(峨瓏大滝親水公園)の案内板には「 ...

秋田県山本郡藤里町藤琴。峨瓏の滝、菅江真澄歌碑、滝の沢神社(不動尊)等の説明については前回の記事を参照ください。前回の記事:『峨瓏の滝(峨瓏大滝親水公園)藤里町』ちなみに前回の記事は夏。今回の記事は11月の紅葉シーズンです。峨瓏大滝は四季折々美しい表情をみ ...

青森市栄町。栄町公園の横。浄土宗一光山摂取院阿彌陀寺。御本尊阿弥陀如来。津軽八十八ヶ所霊場第23番札所。立派な山門。比較的新しい感じですね。本堂は昭和47年建立。二十五菩薩像があります。順不同(観世音菩薩・日照王菩薩・普賢菩薩・獅子吼菩薩・虚空蔵菩薩・金剛蔵 ...

青森市茶屋町。堤川右岸、うとう橋と旭橋の中間ほど。茶屋町は青森平野の中央北部、堤川下流右岸に位置。地名の由来は、地内を東西に通っていた奥州街道沿いや堤川渡船場に掛け茶屋があり、湊町青森の発達とともにその後背地として町場が形成されたことによります。また、街 ...

岩手県紫波郡矢巾町室岡第10地割20。矢巾町立不動小学校の南方。境内にはゲートボール場がありました。境内拡張記念碑(昭和5年9月吉日)室岡についてです。太田川(五内川)上流域に位置。奥羽山脈の南昌山及び東根山を背後に東に開けた平地。戦国期の室岡は戦国武士室 ...

青森県黒石市山形町。真言宗醍醐派愛宕山地蔵院。本尊勝軍地蔵菩薩。開山日蔵。津軽弘法大師霊場第二十番。津軽七福神の恵比寿天奉安所。通称愛宕様の宵宮の夜には毎年恒例の行事として火生三昧が行われます。真言宗は役の行者にはじまり、山伏修業・加持祈祷を特徴とします ...

青森市堤町2丁目。駒込川と荒川の合流点付近(松原地区)にあった堤ノ浦城には津軽郡代として南部光康が入城したとされており(後に横内城に移ったとされます)、堤町(堤川端町)は天文年間の津軽郡中名字に東卒都浜のうちとして「包之宿」と見えます。江戸期の堤村は津軽郡 ...

↑このページのトップヘ