くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

宮城県石巻市鮎川浜黒崎。三陸復興国立公園。御番所公園案内図。牡鹿半島に昭和46年4月1日に有料道路として開通し、平成8年4月に無料開放となった宮城県道220号牡鹿半島公園線(牡鹿コバルトライン)の南端にあり、公園中央の一番高い位置には六角形の展望棟があって、牡鹿半 ...

岩手県二戸市堀野東側。社号標「武内神社」(三船十段)。三船十段(三船久蔵)は日本の柔道家(柔道の神様・久慈市出身)。県道274号線沿いに社号標がありますが鳥居はないので少々わかりにくいかも知れません。御手洗池。御手洗池の清水は今なお冷たく、戦前に市内の造り酒 ...

奥入瀬渓流館から雲井の滝まで歩きました。新緑の奥入瀬。所々で苔チェックしながらの散歩です。苔上を歩くアニエスベー。馬門岩。屏風岩。テレビ撮影隊などもいましたが、そんなに人もいなくてリフレッシュできました。それでは私のボロカメラによる写真のみでお楽しみくだ ...

三戸郡五戸町上市川桜沢。上市川の人々は桜沢のことを桜沼公園と呼びますが、その桜沼公園に4月22日から鯉のぼりが飾られました(※令和3年)。桜並木(オオヤマザクラ)もありますが、「正子のチューリッぷ園」からも近いのでチューリップに合わせて(大型連休中に)訪れる ...

『新山神社(五戸町)』からの続きです。本殿の周囲が遊歩道になっており、本殿をじっくり見ることができます。本殿。本殿は昭和13年(昭和11年1月3日起工・同13年9月10日竣工)に建立。一間社流造り、銅板葺き、組物や、懸魚、彫刻などの細部に繊細な彫刻が施されています。 ...

青森県三戸郡五戸町倉石又重字前平。かつての又重村。五戸年行事多門院配下の修験の三明院があり、新山権現の別当となっていました。同権現は明治以後新山神社となり村社に列しました。例祭日には鶏舞を奉納。牧野の開設から馬神の信仰も広く行われており、幕末の「萬覚扣帳 ...

秋田県大館市岩瀬赤川。社号標紀年銘(大正6年旧7月16日)。狛犬一対(昭和5年2月)。二之鳥居。参道は宅地といった感じでしたが、社殿は木々に囲まれており、鎮守の杜といった雰囲気が保たれています。参道途中の建物。何かはわからず。御祭神は天照大御神、豊受姫大神、大 ...

八戸市白銀4丁目。すぐ近くの清水川観音堂(糠部三十三観音霊場第六番札所。浜清水観音・白銀浜清水観音)とは少し離れた場所に鎮座しております。地図には「白銀浜清水観音」と記されており同名です。こちらの由緒等は調べておりません。すぐ近くの清水川観音堂との関連性も ...

清水川観音堂(白銀村清水寺・浜清水観音・白銀浜清水観音堂)。JR白銀駅から鮫駅に向かって500mほど進んだ線路沿いに水が湧いており清水川と呼ばれています。八戸市白銀2丁目。地図によっては当清水川観音堂のすぐ近くに、同名の「白銀浜清水観音」という場所も記されている ...

大渕ヶ鼻城跡石柱より「津軽を創ったつはもの達の夢の跡」台座に大渕ヶ鼻城跡石柱建設賛同者名(平成25年11月)。こちらの木には…「2008年第1回認定津軽遺産」とありますが、特に説明はありません。木の裏には石碑がありました。1基は馬頭観世音(昭和4年4月13日)。こちら ...

下流に位置する落差約10mの直瀑。水量は少なく、見られる時期も限られています。石ケ戸(イシゲド)。石ケ戸…『「ケ戸」とは、この地方の方言で小屋を意味する。つまり「石ケ戸」とは石でできた小屋、いわゆる岩屋を意味している。実際、大きな岩の一方がカツラの巨木によっ ...

十和田市法量焼山。奥入瀬渓流温泉スキー場訪れたのは5月中旬。移転した奥入瀬モスボール工房から近かったので立ち寄りました。昨年の記事『芝桜 (奥入瀬渓流温泉スキー場)』人慣れした猫がいました。  ...

青森県むつ市脇野沢。近くには小沢寺もあります。村の中央部を流れる田の沢川左岸の字平地に鎮座。かつてはここが村の東端でした。境内敷地は130坪で道路に面して鳥居が一基。手水舎(昭和59年1月)。石燈籠一対。狛犬一対(支那事變記念奉納・昭和16年9月3日)。草創は正徳6 ...

青森県三戸郡階上町鳥屋部天摩窪。階上町立階上小学校の南、フォレストピア階上の近くです。鬱蒼とした林の中に鎮座しており少々分かりにくい場所かも知れませんが、案内板はあります。中世の鳥屋部館跡(鳥屋部修理之介)です。鳥屋部村は、元和4年の八戸内儀宛南部利直知行 ...

秋田県鹿角市花輪八正寺。正面に長命桜。鹿角郡花輪通のうち。南部藩領。明暦3年毛馬内九左衛門が古館に入り、延宝2年には中野吉兵衛が花輪代となり樋口館(要害屋敷)に入り、約100名の家臣団と同心組30名をもって秋田藩境への守備に当たりました。曹洞宗鳳林山長年寺は加賀 ...

秋田県湯沢市稲庭町三嶋。社号標「郷社三島神社」。村鎮守であるかつての神明社です。手水石(皇紀2600年旧7月17日・氏子一同敬白)。石祠。石灯籠一対(皇太子殿下御御成婚記念、皇紀2653年6月9日、宮司佐藤公秀・同級生一同敬白、平成6年8月16日)。石灯籠一対(文政3年9月 ...

秋田県湯沢市稲庭町三嶋。稲庭うどん伝承ノ郷・寛文五年堂。寛文5年中町の肝煎一族佐藤吉左衛門(のちの稲庭吉左衛門)が三梨村産の小麦で干饂飩を製造し、藩主御用品の指定を受け商品としても通用。この年号がそのまま屋号になっているようです。うどんレストラン稲庭茶寮は ...

「鳥谷部ファミリー正子(しょうこ)のチューリッぷ園」(鳥谷部正子園主)。三戸郡五戸町字石仏前。開園期間4月下旬~5月中旬(天候や花の具合で前後します)、8:00~17:00。協力金200円。「チューリップ」ではなく「チューリッぷ」。理由はわかりません。ちなみに訪れたの ...

『横手神明社(横手市)』からの続きです。本殿裏手へ。石灯籠一対。紀年銘は明治28年8月。古いからここにひっそりと安置されているのかと思ったのですが、そういうわけでもなさそうですね。石祠。何かはわからず。狛犬もいました。旧狛犬でしょうか。台座は崩れており紀年銘 ...

秋田県横手市神明町。大鳥居。明治維新百年紀念大鳥居建立(横手神明社奉賛会・昭和44年5月)御祭神は天照皇大神、豊受姫大神、猿田彦神、須佐之男神、菅原大神。例祭日5月5日。旧郷社。石灯籠一対(平成26年10月12日・長岡孝仁・未緒結婚記念)。手水石(夫婦鯉)。狛犬一対 ...

青森県八戸市大字是川字雲畑。是川天狗沢かと思ったのですが雲畑でした。ほぼ変わりませんが。東に面して杉木立に囲まれた高所に鎮座。天狗沢集落は八戸の代表的民芸品「八幡馬」の発祥地と伝えられる地域です。天狗沢には八幡馬の元祖と伝えられているものが残されているそ ...

↑このページのトップヘ