くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

秋田県男鹿市野石玉ノ池。男鹿市役所玉ノ池保育園近く。由緒等については調べておりませんが、下記の玉の池開拓之碑の内容を見る限りでは、玉の池地区の守護産土神であると思われ、昭和32年以降の創立と考えられます。鳥居。社殿。拝殿内。神輿がありました。幣殿・本殿覆屋 ...

秋田県男鹿市北浦相川神田。県道55号(入道崎寒風山線)から小増川沿いを日本海側へ北上。大増川と小増川の間に位置し、天然の濠となっております。別名三品館。山城。遺構は曲輪、土塁、堀切、横堀(空堀)。稲荷大明神。「奉納 家内安全 交通安全」とあります。比較的新し ...

『高山神社(八戸市南郷)』からの続きです。御大典記念植樹。島守四十八社「金精様」(金勢大明神)。岩手県盛岡市の巻掘神社分霊社。昭和58年4月27日の山林大火災においても無事でした。看板には「坂の上田村麻呂」とだけ説明があります。扁額「金勢神社」。金精様。大小た ...

青森県八戸市南郷島守小林。南郷区島守盆地には周囲の山の中にひと際目立つ高山と、小高い虚空蔵山が聳えています。高山はなで肩のお椀を伏せたような女性的な山で、虚空蔵山に比べて草履半分高いので、高山と名付けられたという昔話があります。高山神社。奥州糠部三十三観 ...

八戸市南郷島守門前。南郷島守地区の中心集落の西。臨済宗妙心寺派瑞雲山高松寺。御本尊釈迦如来。糠部三十三観音霊場第四番札所。写真は新井田川に架かる赤穂土橋(平成4年12月竣功)。かつては龍興山神社の大鳥居(コンクリート製)が建立されていたようですが、平成12年に ...

八戸市南郷大字島守古坊。八戸市の南端、新井田川中流域及びその支流頃巻川上流域に位置し、階上山地・名久井山地に連なる丘陵が広がります。東は階上町、北西は南部町(旧福地村・名川町)、南は軽米町。南郷区は北上山系の北端で標高250mほどの起伏が多い丘陵地帯で、比較 ...

『龍興山神社(八戸市南郷)』からの続きです。鳥居をくぐって奥の院方面へ。鳥居とこちらの「島守四十八社秋葉山大権現」の看板が分かれ道の目印です。少しだけ歩くと大きな岩肌が見えてきます。その麓に鎮座している秋葉神社。島守四十八社。火の神様を祀ります。「奉納秋 ...

青森県八戸市南郷大字島守内山。案内図。龍興山神社は龍興山山頂(浅田山、通称・虚空蔵山)付近に建立されています。案内看板「龍興山神社」より…『平重盛公が余生を送るべく当地を訪れ、山頂に虚空蔵菩薩を祀ったとされる。廃仏毀釈の犠牲にならんとしたとき、「龍興山神 ...

八戸市南郷島守古坊。龍興山神社の参道脇に鎮座しております。由緒等は調べておりません。馬の守護神です。向拝。向拝神額。社殿内。神輿や権現様が見えました。神社付近のホタル水路。案内看板にあった現高松寺跡地はこの辺でしょうか。あの地図だとわかりにくいですね。案 ...

八戸市南郷島守内山。龍興山の麓。島守四十八社の水天宮。水に関係する神様で無病息災と安産の神様を祀ります。鳥居。周囲の木々に埋もれております。社殿。由緒不明。拝殿向拝。神仏習合。向って右が御滝不動尊。左が福寿聖観世音。本殿。赤坂神社の湧水は境内に湧き出てい ...

青森県内で今年ちょっぴり話題になったもの…公衆電話です。普通の公衆電話ではありません。普通じゃないといっても雪国特有の階段付電話ボックスのことではありません。普通じゃないのは電話機そのもの…その名もデュエットホン。東北では現在5台が確認されており、青森県内 ...

青森県弘前市大字小沢井沢。弘前高校野球部練習場。昭和50年1月27日に完成(15,582㎡)。弘前高校の名校長(第22代校長、昭和43年4月-昭和47年3月)として知られる故小田桐孫一(1911-82)先生が野球部員に繰り返し説いた精神「不敗」を刻む記念碑が令和2年7月15日に設置され ...

大森山動物園です。ミーアキャットを見たくて、ついつい足を運んでしまいます。『秋田市大森山動物園』『大森山動物園 part2』お散歩マップ。まんまタイム・エサやり体験の時間をしっかりとチェックしてからスタートしましょう。前回見ることができなかったコツメカワウソ。 ...

青森県八戸市大字新井田松山。松山熊野神社。元は牛鞍社と呼ばれており、松山の南側にあたる丑鞍森に鎮座していました。明治29年に熊野神社を再興し、昭和59年5月5日に現在の場所に遷宮するまでは50mほど東方の菊島家の玄関付近に鎮座していました。丑鞍森は石倉森ともいわれ ...

青森県十和田市三本木倉手。住所的には三本木矢神になると思います。矢神八幡宮のすぐ近くです。矢神八幡宮の鳥居付近から稲生川方面への坂を登った場所。稲生川沿いから南下して行くこともできます。鳥居。額束には「天巖大明神」。小祠です。一本歯の高下駄を履いた修験者 ...

青森県十和田市三本木矢神。奥入瀬川と稲生川に挟まれた地区。幻の穴堰管理事務所も比較的近いですね。ちなみに鳥居近くの道(下の写真)を上れば倉手天巖大明神という小祠があります。参道石段。石段上の両部鳥居。社殿。立派な社殿です。唐破風懸魚・蟇股。レンズ内部がホ ...

『舘野熊野神社(六戸町)』からの続きです。御祭神は伊弉諾尊・伊弉册尊。社殿は出雲大社を彷彿させる切妻造り妻入りの大社造りを一部取り入れており、拝殿が間口9間に奥行6間、幣殿4間に2間半、10段の石段を経て本殿2間4方。本殿の中には1間4方の内御堂。内御堂の梁の裏面 ...

青森県上北郡六戸町犬落瀬柴山。舘野公園の南斜面に鎮座。六戸町最大規模の神社です。鳥居奉納記念碑。みそぎ橋。狛犬一対(昭和48年4月竣工)。大きい狛犬で迫力があります。御神池。鳥居。狛犬一対(昭和22年度官庁街道路開通記念)。参道石段。徐々に立派な社殿が見えてき ...

鎮座地は青森県上北郡六戸町犬落瀬柴山。熊野神社向かって右手(熊野神社境内東方)に参道があります。舘野稲荷大明神と薬師神社の間。舘野熊野神社境内には犬落瀬地区に点在していた社が集められていますが、その中で最も古いのが舘野神社(舘野蒼前神社)です。「舘野のオ ...

六戸町犬落瀬柴山。舘野熊野神社境内の大鳥居の東方に鎮座しています。間口2間半、奥行3間半の平入切妻屋根。鳥居額束いは「若宮大明神薬師如耒」とあります。元々は押込の水田地帯の中にポツンと鎮座していました。近くの相坂川の水害に悩まされていた地区で、近くには水も ...

熊野神社向かって右手に鎮座(熊野神社境内の東方隅)。館野神社に並行して鳥居があります。鳥居扁額「御舘稲荷神社」とあります。狐一対。3間4方の社殿と、半間に1間の奥の院を持つ入母屋造り。唐破風が美しい神社です。例祭は旧暦3月3日・10月3日。昭和44年、中町の田んぼ ...

↑このページのトップヘ