くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

青森県十和田市大字深持山ノ下。参道入口手前には八代龍神(こうやまき)があります。参道途中の鳥居。熊野神社。棟札には「大正5年9月4日建立、願主中野渡潔九代目、大工田嶋由松。平成5年9月建替、施主中野渡市右衛門十三代目、大工中野渡清喜」とあります。地域性を考える ...

青森県十和田市大字深持山ノ下。梅集落の落人の里の水の東方。小増沢用水近く。小増沢用水については『秋葉山神社 (十和田市深持)』の記事を参照下さい。また、蒼前神社も近くにあり、更には「山乃神々社」という小祠&鳥居もありましたが省略致します。蒼前神社については ...

八戸市根城3丁目。曹洞宗三級山龍源寺。根城三丁目公園近く。根城三丁目の閑静な住宅街の一画。八戸御城下三十三番札所第十一番(聖観音)。仁王阿形立像・仁王吽形立像。無縁塚。一番手前に「故陸軍伍長勲七等功七級大久保藤五郎之墓」と「故陸軍歩兵伍長三浦與作之墓」があ ...

八戸市根城3丁目。龍源寺や根城三丁目公園の近くです。鳥居横の庚申塔。社殿の裏から入るような感じになります。手水石(天保4癸巳年3月吉日)。創建は不詳ですが少なくとも歴史は江戸時代まで遡りますね。境内には石祠がたくさんありましたが、特に一つひとつの詳細は調べて ...

岩手県二戸市石切所大村。国道4号(奥州街道)沿いのHondaCars二戸の横に駐車場があります。大村交差点付近。ここから歩道橋を渡って行きます。三十番朝日観音堂入口。観音堂の概略…『奥州糖部郡三十三番所札所のうち三十番札所。法明院巍處寺(山)観音堂。開基慈覚大師( ...

山形県酒田市二番町。本間家旧本邸のすぐ近くです。保存樹のケヤキと社号標「薬師神社」「桶屋町鎮座」。御祭神は大己貴命(大国主命)、少彦名命(薬師如来)。境内案内板より。藥師神社由来…『桶屋町鎮座薬師神社本尊は髙倉院の御宇治承年中又は養和年中に建久から建保年 ...

山形県酒田市本町1丁目。本間家旧本邸の向かい。本間家旧本邸別館お店(おたな)。こちらは館内撮影OKです。本間家は初代原光が「新潟屋」というお店を開業したことから始まりました。別館「お店」は本間家が代々商いを営んだ場所で、現在は商人としての本間家を紹介してお ...

山形県酒田市二番町。本間家旧本邸。本間家三代光丘が幕府の巡見使一行を迎えるための宿舎として、明和5年(1768)に新築し、庄内藩主酒井家に献上した二千石格式の長屋門構えの武家屋敷。巡見使一行が江戸に戻ると屋敷を酒井家から拝領し、商家造りの方で昭和20年(1945)の ...

八戸市根城四丁目。八戸警察署売市交番の向かい付近。桜木町から根城方面へ向かう国道の上り坂左側に鎮座。国道104号沿いから少しだけ入った場所にありますが、とても国道沿いとは思えぬような雰囲気があります。ここにはかつて根城南部氏時代の処刑場があったとされます。こ ...

青森県三戸郡南部町斗賀。旧名川町。稲荷山の北側、下斗賀稲荷神社境内に鎮座。下斗賀稲荷神社の一之鳥居(1枚目の写真)をくぐると参道が左右に分岐しており、左が下斗賀稲荷神社。右が下斗賀熊野神社です。写真の赤い鳥居は下斗賀熊野神社。「下斗賀稲荷神社」については関 ...

青森県三戸郡南部町斗賀。旧名川町。一之鳥居をくぐると参道が左右に分岐しており、左が下斗賀稲荷神社。右の赤い鳥居は下斗賀熊野神社です。下斗賀熊野神社はその配置上、境内社のようになっていますが、歴史的背景を鑑み別記事にしております。また、斗賀神社についても関 ...

現在は神社前に国道104号線が通っており参道は分断されていますが、その先県道155号線まで道がほぼまっすぐに伸びており、かつての参道かと思われます。県道155号線側には特に鳥居や社号標等はありませんでしたが、あえて県道155号線から歩いて向ってみました。しばらく歩く ...

秋田県大館市赤石屋布。狛犬一対。昭和6年奉納(42歳年祝い・厄除記念)。台座には「昭和17年風倒木にて破損せり。昭和37年5月3日再建。赤石部落」とありました。御祭神は天照大神、大斗毛和気命、豊受姫神、月夜見大神、猿田彦大神、受持大神。例祭日は4月21日。由緒不明で ...

秋田県大館市豊町。曹洞宗松峰山宗福寺。比内三十三観音霊場第32番札所。御本尊釋迦牟尼佛。宗福寺…『大館初代城代小場義成公(のち三代城代義房より佐竹の姓を名乗る)の祖、小場義躬公が正平16年(1361)小場の城主(現在茨城県那珂郡大宮町小場)となり同所に万松山宗福 ...

青森県十和田市大字三本木千歳森。古稲荷神社とも呼ばれているようです。現在の三本木稲荷神社の起源となる神社です。近くには蒼前神社及び七郷稲荷神社(十和田市三本木間遠地)、大清水神社(大清水大明神/十和田市三本木北平)などがあります。土手山のケヤキも近いです ...

青森県八戸市湊町縄張。曹洞宗東圓山海安寺。新井田川河口右岸、湊地区の通称「ホロキ長根の高台」と呼ばれる丘陵にあります。御本尊は釈迦如来。北国八十八ヶ所霊場巡り第68番札所。竜宮門形式の山門。設計は寺院建築業界の泰斗といわれた八戸市新井田出身の中村松太郎氏。 ...

青森県八戸市大字湊町縄張。鎮座地は縄張ですが、名称はホロキ長根秋葉神社です。青森県内には母衣部(ホロベ)、母衣内(ホロナイ)、母衣月(ホロツキ)、母衣懸(ホロガケ)、幌内(ホロナイ)などの地名がありますが、カタカナのままの住所は珍しいですね。アイヌ語に関 ...

八戸市是川字西母袋子。母袋子峡谷についてですが、新井田川を上流からみると、島守地区から狭く蛇行する渓流に入りますが、ここは昔話の「島守の八郎太郎」に出てくる「島守もっこ」・「母袋子もっこ」と呼ばれる地点。「もっこ」は土などを運ぶ縄を網のように編んで4隅を木 ...

八戸市是川字東母袋子。母袋子は新井田川沿いを南下した場所にあり、かつて人を寄せ付けにくいと言われた大きな渓谷あります。母袋子はアイヌ語によるホロ(大きな)コッ(窪地)に由来します。是川の母袋子の山寺で、代々近太郎と称した阿部家に伝わる文書によりますと、寛 ...

青森県三戸郡五戸町倉石又重森ノ下タ。県道142号線沿い。弘法大師(沢内明人総代)。庚申塔(文政13年2月)。弘法大師堂。この地区の東西南北には蒼前神社、伊豆神社、虚空蔵神社、弘法大師堂があり、この4つの神社が住民を守護しているといいます。堂宇前は大正8年に谷間で ...

青森県県下北郡東通村目名。かつての目名村。村高は「正保郷村帳」63石余(田56石余・畑7石余)、「貞享高辻帳」79石余、「邦内郷村志」96石余(うち畑11石余)、「天保郷帳」96石余、「安政高辻帳」79石余、「旧高旧領」96石余。「邦内郷村志」では家数21、人数163、馬119 ...

↑このページのトップヘ