くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

秋田県にかほ市象潟町本郷。最高の癒しスポット。2度目の記事です。片道約700m、徒歩約10分。前回の記事:『元滝伏流水 (にかほ市)』前回と比べて明らかに水量が少なく感じます。ちなみに前回の記事は「7月下旬・午後3時・真夏日・晴れ」、今回の記事は「10月上旬・午後1時 ...

秋田県北秋田市綴子糠沢上谷地。参道石段。石灯籠一対。横の自然石は何か不明。石碑は石燈籠奉納碑(昭和34年秋吉日建立)狛犬一対(昭和58年7月18日建立、出川喜惣治82才・ノヱ77才)当神社の由緒等についてはわかりませんでした。旧糠澤村の鎮守社です。例祭日旧3月15日。 ...

青森県三戸郡五戸町豊間内地蔵平。地蔵平の地蔵様。石灯籠一対(昭和47年3月24日)近年、地蔵平付近は工業団地が並び、運動公園や統合中学校ができてすっかり変貌し、昔のおもかげが全く無くなったそうです。両部鳥居。地蔵尊堂管理所。明治天皇御野立所。明治14年8月25日の ...

大館市早口字丸山下。早口小学校の北方。参道石段。こちらの神社についての由緒等については調べておりません。二之鳥居。手水石(大正6年4月8日)石灯籠一対(昭和14年9月)何かオシャレな社殿ですね。拝殿向拝。拝殿内。幣殿・本殿覆屋。如意輪觀音、白衣觀音・・・現場で ...

八戸市是川春日河原。神社自体は少々わかりにくい場所にありますが、住所が春日河原なので付近までは迷わず行けると思います。このような道を歩いて行きます。福善寺・妻ノ神農村公園方面。あの付近に秋葉山大権現があります。道中にあった石碑「小川代明土 土地改良 竣工五 ...

青森県八戸市大字是川小川代。妻ノ神農村公園の一部になるのかな。よくわかりません。高台になっており、長い階段を上ります。上まで行くと白幡八幡宮方面など周囲を広く見渡せます。更に話が逸れますが、新井田川の向こう、是川字差波地区の山々には地下壕やトーチカ等が点 ...

青森県八戸市大字是川字白幡。是川団地の南隣。真言宗豊山派八鳩山(はっきゅうざん)𧅰国院福善寺。御本尊不動明王。八戸御城下三十二番札所大日堂管理。江戸期以降の是川村についてです。三戸郡のうち。はじめ盛岡藩領で寛文5年から八戸藩領。八戸廻。元和4年の南部利直知 ...

青森県八戸市大字是川白幡。福善寺の近くです。参道石段の上下には、門のように御神木が両脇に聳え立ちます。幹周り3m以上のモミの木です。是川は八戸市庁から直線で南に約4kmのところにあり、地区の中央を新井田川が南から北に流れています。八戸の平野部分の南端にあたり、 ...

秋田市手形字搦田。旧秋田藩主佐竹氏別邸(如斯亭)庭園のすぐ近くに鎮座。搦田会館が併設。手形の「形」は、「潟」を意味していたと云われてます。赤沼・長沼・谷地・深田などの字名が、旧旭川の自然堤防の辺りに見られることから、湿地か沼地から得た地名と考えられます。 ...

農具小屋。園路。如斯亭庭園は、元禄年間(1688-1704)に家臣が秋田藩3代藩主佐竹義処から与えられた土地に「得月亭」と称する別荘を建てたのが最初で、藩主の鷹狩りの際の休憩所として利用されていました。5代藩主佐竹義峯の時に本格的に庭園として整備され、9代藩主義和の ...

青森県八戸市南郷大字島守。湖岸の左右にある展望台からは四季折々の絶景を望むことができ、なかでも秋の紅葉の風景は素晴らしいとのこと。私が訪れたのは真夏です。なお、見頃となる10月下旬には湖岸をウォーキングしたり、約45分で1周する屋形遊覧船に乗ったりと、紅葉を満 ...

大好きだった中華そば。11月23日閉店。こどもの森売店というより、久渡寺の売店といった方が通じるかな。昔から久渡寺の中華そばは有名で、正真正銘、昔ながらの中華そばの味として親しまれてきました。元々は久渡寺で経営していましたが、40数年ほど前からは初代陸奥子さん ...

秋田県北秋田市綴子字大堤道。入口で迎えてくれるのはクローンエー。大砲に似た形をしている非常に大きな片面太鼓。主にタイの北部地方にある寺院に置かれています。様々な用途があり、日常では寺における会合や儀式の際、食事の時間などを僧侶に知らせるための合図として使 ...

十和田市沢田下洗。道を挟んで蒼前神社の向かいにあります。扁額。堂内。不思議な形の石が祀られています。狛犬一対(和田文次郎・昭和9年旧4月3日)  ...

十和田市沢田下洗。当蒼前神社のすぐ向かいには不動明王堂があります。石灯籠一対(平成3年12月18日)。札幌市北区の中屋敷健實奉納。名前が珍しい上に、住所が詳細に刻まれていたのでモザイクを入れさせていただきました。手水石(大正7年4月15日)。御神木。参宮記念碑(昭 ...

南津軽郡田舎館村八反田古舘。社号標「八幡宮」(明治36年6月15日阿保助太郎・阿保彦太郎寄附)裏面には明治34年とあり、寄附日とは差があります。石工は弘前の成田重吉。注連縄。二之鳥居。石製両部鳥居(昭和8年7月15日、阿保勇之進敬白)三之鳥居(大東亜戦記念)。四之鳥 ...

平川市尾崎浅井。延暦年間、田村磨将軍東征の折、当地に寄って熊野権現を祀って社殿を建立。後に尾崎三郎右衛門(尾崎喜蔵)が領主となり社領を付して社殿建立。寛永年間、津軽三代藩主信義公が鷹狩の折、当社へ参詣の記録を残します。安永5年、代官一戸半右衛門が津軽越中守 ...

黒石市山形町。黄檗宗寶巌山法眼寺。開山南宗。御本尊大日如来。旧本寺不動寺(群馬県甘楽郡南牧村)。本山黄檗山万福寺(宇治市)。山門禁葷酒(明和乙酉天仲夏日)。ドキッ!!津軽八十八ヶ所霊場第二十九番札所(聖観世音菩薩。「身は砕けかばねば野辺にさらすとものりの ...

弘前市松ヶ枝四丁目(入口は俵元二丁目)。社号標「村社熊野宮」(明治38年旧6月14日※発起人名、石工名省略)狛犬一対(大正11年6月14日、大髙辰太郎)昭和3年11月10日、御大典記念コンクリート製鳥居。用水堰に架かる朱色の神橋。神橋の上から用水堰。御神木。神橋を渡り… ...

弘前市城東北3丁目。旧高崎村(高崎村字岩井)。さくら野百貨店近く。両部鳥居。石造の鳥居神額。社号標「村社淡嶋神社」(日韓併合紀念、明治43年8月30日、中津軽郡高﨑村中)参道。鳥居。御神木。鳥居(昭和37年7月8日、高陵倶楽部同志会発起人名川村清治ほか)神額「奉納 ...

秋田県秋田市手形大沢。鉱業博物館の南方、秋田大学の東方。丘陵上にあります。是ヨリ東北三丁平田篤胤大人奥墓。平田篤胤の墓まで140m。佐竹義宣夫人正洞院の墓地や手形山鬼子母神堂へ行くにも同じ石段を進みます。平田篤胤墓所。平田篤胤は江戸時代後期の国学者で、本居宣 ...

↑このページのトップヘ