くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

東北地方の神社仏閣を中心に、歴史的建造物等々を適当に紹介しております٩(ˊᗜˋ*)و

弘前市元長町。旧第五十九銀行本店本館。木造2階建てルネサンス風建築で左右均等(シンメトリー)に調和よく建てられ、柱等の木材は青森県産の「けやき」を、建具も青森県産の「ひば」を使用。設計及び施工を手がけた弘前の棟梁堀江佐吉は、当時の岩淵惟一頭取から腕を見込ま ...

南津軽郡大鰐町八幡館樺ノ沢。少々わかりにくい場所にあります。説明も難しいです(※通常の地図に記載されています)。鯖石自動車向かいの細い道を進み(もしくは鯖石ドライブインの裏通りから六羽川を渡り左折し十字路を右折)、東北自動車道の下を潜ると正面に「観音様右 ...

南津軽郡大鰐町八幡館沢田。古文書では南八幡林長根道湯沢に八幡宮があり、その八幡宮が古ヶ館(現在地、以前は蝦夷館と推定。古ヶ館の由来は不明)に鎮座し、八幡宮と古ヶ館を合わせて八幡館村になったと推定。出土する土石器から推定すると先住民が居住していたことは明ら ...

平川市平田森若松。鬼の歯盛。寛政8年5月19日、菅江真澄は鯖石に宿をとり、その翌20日に3度目の平賀入りをしました。菅江真澄「すみかの山」より…『(前略)平田森という村の田のなかに、はもり、はしもり、つるぎもりという塚が三ヵ所にあった。はしもりは、村はずれの稲田 ...

平川市大光寺種元。平賀町史のこちらの地図を頼りに藤先寺跡を探してみました。写真は平川市本町共同墓地です。地蔵堂。玉林堂。金剛堂。金剛月光観音菩薩像(平成13年7月吉日建之)周囲にも石仏。三百八十週年記念碑(昭和31年旧4月8日建之。村中一同。発起人-船水銀次郎、 ...

2021年12月12日、病気のためご逝去されました。謹んでお悔やみを申し上げます。私の下手な文章化で、変に誤解されて営業妨害になったら困ると思い、当時訪問した際の記事には一切書かなかったけれど、あなたとの初めての会話をここに記します(※一字一句は合っていません) ...

平川市本町富岡。大光寺種元との境くらいに鎮座。参道入口には鳥居ではなく屋根付の門があります。資料によりますと「参道入口は道路沿いを流れる堰をこえたところに屋根のついた高い門があって、ここから住宅に挟まれた参道を百㍍ほど行くと、右側に大正三年三月十四日、御 ...

青森県むつ市関根南関根。手水舎。手水舎の横に青面金剛。参道石段。狛犬一対(南関根氏子中・大正13年9月15日)。石灯籠一対。御祭神は誉田別命。例祭は9月15日。寛文5年(1665)勧請。明治8年7月村社。昭和21年6月30日宗教法人令に依り届け出。 昭和23年4月30日譲与許可せら ...

弘前市境関鶴田24番地(鎮座地180坪)。わかりにくい場所です。県道268号から見ると上の写真の裏手になります。迂回するために田んぼの畦道を通って…キタエアップル(株)第6、第7C.A冷蔵庫に向かいます。冷蔵庫の横を通り抜けます。正面に岩木山が見えます。裏側に来ました。 ...

平川市館山。板橋・上扇田・井ノ上の境ほど。御由緒略記…『舘山神明宮所在地を守山と明記してあり大浦為信の旗上げ当時には既に守山神明宮を本陣として、天正3年大浦勢正月元日第二次大光寺城を攻め、落城の際に大浦為信が本陣を構えて指揮したという史実から推して見ても古 ...

弘前市安原二丁目と学園町の境。弘前大学馬術部馬場付近。何か鬱蒼としています。下りることができ、道がありますがぐちゃぐちゃで歩ける状態ではありませんでした。他の場所からも下りれるようです。こちらは階段。先ほどぐちゃぐちゃで歩けないと言った場所。道が続いてい ...

平川市大光寺四滝本。社号標「保食神社」(明治38年7月17日領主小山内長九郎、石工斉藤才次郎)「津軽靈所第三十番大光寺観世音菩薩」(昭和36年7月17日建之)参道。一の鳥居寄進者芳名碑。参道灯籠一対。「文久3癸亥年4月吉日 薬師堂對馬安右エ門 白取七郎兵衛」・「信者講 ...

大鰐町森山。鯖石の西方。森山村河時謌館(東館・一条殿・鎌倉時代後期の山城)の森山八幡宮を探しに来ました。森山東館から奥羽本線を越えます。森山の板碑がある墓所。なお、写真によって天気が異なりますが、3度にわたって探索しているためです。まずはこちらの写真(河時 ...

南津軽郡大鰐町森山東館。森山研修センター隣。森山村諏訪大明神(諏訪神社、森山村諏訪堂)。道路から鳥居(平成13年4月20日竣工)が見えます。関連記事:『森山鹿嶋神社(大鰐町)』庚申塔(明治20年7月5日)庚申塔(文政5壬午歳6月)猿田彦太神(天保3壬辰年7月16日森山村 ...

弘前市石川大仏。大仏ヶ鼻の西南に寺屋敷と呼ばれる古い山城跡(由緒不明)があり、東南の高部に梵応塚があります。※現在の森山字鶉長根の丘陵畑は館跡であり、石川館に繋がる場所で、河侍謌(河時謌)館の北方に位置。大仏公園(大渕ヶ鼻城跡)の第一駐車場から歩いていき ...

青森県南津軽郡大鰐町森山。森山地域のリンゴ園一帯には今でも縄文時代前期から晩期までの土器や石器が地表に散在しているそうで、原始時代から人々が住んでいた場所のようです。森山の村名の起こりは、村の南西にある祖霊の眠る聖地「モリの山」から「森山」になりました( ...

平川市沖館宮崎。津軽SA(下り)に車で行ける場所(セブンイレブン津軽SA下り店)がありますが、そこの近くです。もちろんSAには行きません。SA入口をそのまま素通りした先です。周囲はリンゴ畑。鳥海山神社はちょっとした高台の頂上に鎮座。この高台が鳥海山とのこ ...

秋田県にかほ市象潟町横岡葛畑。入口は2ヵ所ありました。こちらは社殿正面の参道。聖徳太子碑。って現場では思いましたが…佐太子に見えますね。紀年銘は享和元辛酉年11月です。あっ、当神社については個人的な時間の都合上、いつもより詳しく見ていません。灯籠一対。社号標 ...

弘前市松木平を散歩。『yuki散歩 part18』になります。旧千年村の一部松木平(小字:松元、松山下、富永、鎧田、宮本、平山、元木、戸沢、西ノ神、柳田、鷲ノ巣)には藩政時代の参勤路(羽州街道の一部)の風情が残されています。参勤交代が正式に制度化されたのが三代将軍家 ...

最初に言っておきます…大層なタイトルを付けてすみません!松木平稲荷神社を参拝した際に、地図を見ていて気付いた桂平岩と立岩。大鰐町の大地獄沢から桂平岩を目指してみました。地図を見ると大地獄沢は大鰐町、桂平岩は小栗山、立岩は大鰐町居土と大和沢の境くらい、土筆 ...

弘前市松木平松元。社号標(明治42年5月10日)…『正五位日下部東作題』日本を代表する書家です。弘前公園本丸の記念碑の題字を書いた方。詳しくはWikipediaか何かでどうぞ。ちなみに社号標は元々県道(現市道)神社入口(三浦吉雄)に建立したものを昭和51年道路拡幅工事の ...

↑このページのトップヘ